【京都】 合格者祝賀交流会の開催のお知らせ 

カテゴリ:京都駅前本校からのお知らせ

皆様はじめまして!

京都駅前本校公務員合格者アドバイザーの中島 悠人と申します。


さて、今回は合格者祝賀交流会のお知らせです♪♪

△---------------------------------▼

【実施日時】 11月26日(日) 18:00~20:00

【会場】 京都駅前本校 教室内

【参加費】 一切不要

【参加対象者】 2017年公務員試験合格者(LEC受講生、学内講座生のみ)

【予約方法】 ①窓口 ②お電話 ※事前予約制
 

▼---------------------------------△

当日は、合格者同士で、受験時代に経験した辛かった出来事など様々な事を語り明かしましょう!!
また、来年から同期になる人を見つけて、仲を深めちゃいましょう♪♪

当日は、担任の先生方も参加される予定です!!

軽食も用意していますので、気軽な気持ちで参加してください(^^)

更に、同日の16時半から、18年度向けの合格者座談会も開催します!!
そこで、合格者として参加してくださる方を随時募集しています!
来年の受験生に向けて、先輩としてアドバイスをしませんか♪



ご不明な点があればお気軽に京都駅前本校までにお問い合わせください!



【京都】10月7日 ホームルーム(面接対策②)のレポート 

カテゴリ:京都駅前本校からのお知らせ

少し遅くなってしまいましたが、
10月初旬に開催したHRの模様をお伝えします。

改めまして、お忙しい中参加してくださった皆さん、
ありがとうございました。

アンケート結果を見たところ、
概ねご満足いただけたようでよかったです。
実は、こういった試みをするのは、
2018年合格目標の方に向けてが "" なので、
きっと至らなかった部分もあろうと思いますが、
次はもっとご満足頂けるように、講師・スタッフ共々頑張っていく所存です!

実践編の様子です。

171007_all1.jpg

今回は「自分の人柄を伝える」をテーマに、
いくつかのチームにわかれて、
他己紹介と自己紹介をしていただきました。
ちなみに、他己紹介というのは、
あまり親しくない人同士が打ち解けるための
「アイスブレイク」にも使われる手法の一つです。

171007_left.jpg

171007_right.jpg

大学でやったよ、という方もいらっしゃるかもしれません。
具体的なやり方は、まず、メンバーの中の数人(普通は2人)が組みになり、
相手にインタビューを行なって、聞き出した内容をもとに、
その人のことを他のメンバーに紹介する、というものです。
(今回のイベントでは少しロールプレイ風に提案しました)

171007_all2.jpg

相手が上手に話を引き出してくれると、
自分でも気づかなかった自分の一面に気づけたり、
自己分析が進まない人には、その導入としても使える手法です。
簡単なので、受講生さん同士でもぜひやってみてくださいね。

なお、今月はあと1回HRがある予定です。
テーマは主要5科目対策と主な公務員試験の特徴で、
2017年の合格アドバイザーさんが色々と話してくれるようです。
日時は10/29(日)の16:30~18:00なので、こちらにもぜひご参加くださいね。


※再告知【京都】 ~10月~合格者イベント&オリジナルゼミ説明会のお知らせ 

カテゴリ:京都駅前本校からのお知らせ

京都駅前本校から~10月~合格者イベント&ゼミ説明会のお知らせです。


2018座談会



【実施日】 10/25(水)

【実施時間】 18時~19時

※当日アドバイザー以外の合格者も複数名参加します

【対象者】 誰でも参加OK(行政職)

【実施校】京都駅前本校




【概要】

座談会とは今年の公務員試験に合格した受講生をゲストとして招きます。
各テーブルには合格者が待機しており来年受験の皆様が今年の合格した先輩達に
この時期に苦労したことや面接対策を始めた時期など、聞きたいこと悩んでいることを質問していき
最新の合格者達が皆様の疑問、悩みの解消を手助け
していきます!!

皆様にとっては初めてのイベントですので参加するのに躊躇するかもしれません。

ですが、今年の合格者はこう言っています

昨年「座談会に参加して良かった」

「座談会に参加してモチベーションがあがりました

「今年も絶対やったほうが良いですよ」

他にもありますが上記のような嬉しいお声を合格報告の際いただいています(^^)

なので今年も実施します!!

合格者と触れ合う機会はそうそうあるものではありません。

数少ない貴重なイベントですので当日都合のよい方は是非参加してください!!





【昨年の座談会の様子】

2017座談会様子


【同日開催イベント】

ゼミ坪倉講師


【実施日】 10/25(水)

【実施時間】 16時半~17時半



【概要】
通常のゼミ説明会とは異なります。

ここではゼミの活用法を坪倉講師から伝授します!

それ以外にもゼミ開講に先駆けてプレ講義を実施します!

当説明会は講義の要素も含まれていますので当日までゼミをお申し込みしている方も、是非ご参加ください(^^)



ゼミ2版

ゼミ2版-1



【講師からのメッセージ】

~草部講師~※全3回に分けて更新します

草部講師

9/24 ゼミガイダンス開きました!<その①>
   
入るのを決めてる人も、そうでない方も、ヒントになる事があると思いますので、
ちょっと見ていってくださいね!

今回は、ゼミや勉強の進め方について、よくある質問をまとめてみました

Q.ゼミは勉強できる人が入るんですか?まだ主要5科目のインプットも
終わってないし・・・。私なんかがゼミに入っていいのですか?
これからの事について、不安ばかりが頭をよぎります・・・。


A.ゼミには既にレベルの高い人もいます。しかし毎年9月下旬時点では、主要5科目
インプットの途中、Qマスター1回転も終了していない、という人が多くいます。
皆さんは自分では「遅れてる!」と思うかも知れませんが、そんなことありません。
大切なのは「これまで」より「ここから」のモチベーションと勉強の方法です!
 
「モチベーション」では、一人で悩んで抱え込んで、「もうアカンのちゃう」
「続けていくの不安すぎる」「解ける気がしない・・・」と、だんだんと試験勉強
から離れていくのが私たち講師の一番恐れること
です。

なぜ恐れるのかというと、公務員試験は、最終的には「できる・できない」ではなく
基本的な論点を積み上げて筆記試験を突破する、役所に就職して世の中に貢献する
という熱意を見られる「やるか・やらないか」という就職試験だからです。

そこで「ここから」のモチベーションに不安を抱く方は、ゼミを活用しています
ゼミでは、過去の合格者が走り抜けた「内定への道」を、講師が「ガイド役」として
皆さんと伴走していきます。
  
ゼミは「不安を解決し(しっかり取り組んできたぞ!という)自信を持って、公務員
試験を乗り切る」ためのノウハウや、思いを持つ人が集まる場
です。
一緒に走るうち に「内定思考」に染まっていきます
今時点では「絶対合格してやる」という思いがあれば十分です。今の時点での筆記の
実力は気にする必要はありません。まずは自分の立ち位置を把握し、やるべき事に
集中していきましょう!
 
合格者の人も、この時期は皆さんと同じくらいの不安度、進捗度だったんですヨ!
最後まで試験を走り切る過程の中で、実力はこれからついていきます。
身に付けていくのです!
  
ではゼミで具体的に、これから、何を、いつまでに、どの程度、どのようにこなして
いくか、などが気になりますね。次回はゼミでの「勉強方法」について書きます。




草部講師メッセージ<その②>
今回は、ゼミや勉強の進め方について、よくある質問をまとめてみました!
ちょっと長いかも知れませんが、勉強の仕方のヒントにもなると思います。

Q.ゼミではどのように勉強を進めていくのですか?

A.カリキュラムは、主要5科目を中心とした演習形式(テスト&解説)をメインにしています。

(個別科目で進め方に若干違いが出る場合がありますが、科目毎の特徴にあわせたカリキュラムなので心配無用です。)

①合格者は、各回演習の「準備」⇒「当日テスト」⇒「復習」を行うこと
によって、出来る問題を少しずつ増やしていき、出来ないところに検討をつけ、
じっくりと取り組むことにより、基礎力をつけていきます。
勉強時間やQマスターの回転数を気にする方がいらっしゃいますが、この方法
なら、ゼミだけでも少なくとも「論点」を3回は見ることになります。

②テストによって、ゼミでは「自分の立ち位置」が分かる。
テストの結果、得点状況や自分の順位などを提示します。
模試などを待たずして、早い段階から、合格に向けた実践力が培えます。
試験で活きてくるのが実践力です。例えば、皆が確実に解いてくる問題は、是が非でも覚える・理解することが必要であり、反対に皆が落とすような論点は、それほどこだわらなくてもいい、といった判断力などです。
テストによって自分自身の弱点克服と強みUP、最低限見ておくべき点なども浮き彫りに出来ます。

③当然ながら、各科目でわからないところは、ゼミでは担当講師がより身近な
存在として答えていきます。京都駅前本校のゼミでは、講師は皆公務員試験の
ゴールテープを切った布陣
です。受講生の皆さんの解けない、分からない、不安だ、については、実は公務員試験「あるある」ケースであることがほとんどです。

(過去も今も、皆同じ事を悩むんですね・・・。不安があって当然なのです。)
遠慮せずじゃんじゃん聞いて下さい
   
ゼミの演習を通じて、基礎力がついてくると、後は試験日まで「1点でも多く」
「確実に」取れるように自習していきます。やっておくべきことはゼミで提示しますので、演習を積み重ねることを通じて、同じような問題を見たときに「ぱっと」頭の中に解法や基礎のコンセプトが思い浮かぶ、すると模試や本番で点が取れるようになってきます。こうしたことがイメージできるようになれば、合格ペースなのです!

また、この演習等のペース配分は、過去の合格者の先輩の事例から逆算して、組み立てています。
知識・解法ノウハウはゼミ進行に委ねて、皆さんは「合格する」
モチベーションをもって頭と手を動かしていき、合格(内定)へと突き進んで下さい。
    
次回は、ゼミに入らなかった人は、合格してますか?などの質問にお答えします。
また見てくださいね!



~坪倉講師~

坪倉講師

民法は「分量が多い」「同じような事例が多い」という意見が多いです。
この悩みの共通点は、一つ一つの事例で覚えるという癖が原因であり、民法はそこを狙って問題を作成されています。
そこで、ゼミでは原点回帰してもらい、「原則・例外」「要件・効果」で知識をまとめ、それらをどう解法に活かすかを行います。
実際の本試験問題のみを使用し、知識問題に学説問題、地方上級問題に国家一般職、裁判所に総合職など実際の試験問題の解法をお伝えします。
また、講義中、ソクラテスメソッドにより、常に頭をフル回転させ、知識を引き出す訓練も行っていきます。
大変だと思いますが、「民法を得点源に」という指導します

また、行政法は民法とは異なり、「抽象的だから嫌い」「選択肢が難解」という点が苦手とされる理由でしょう。
そうであれば、単元ごとにいかに例を想定するか、また、「原則・例外」というルール化するか、が必要になります。
また、そもそも文章理解と同様に肢全て理解しないと問題が解けないものではありません。
こちらも講師がどのように知識をルール化しているのか、抽象的な制度を具体化しているのか、をお伝えします。
さらに、29年度も出題された、改正関連分野(行政手続法や行政不服審査法)についても、解法を取り扱います

今の実力は問いません。「第一志望に受かりたい」「複数内定を取りたい」など目標実現したい人は是非来てください。





~垣田講師~

垣田講師

「数的処理を通じた受験戦略の組み立て」が私のゼミコンセプトです。
全体の4割を占める数的処理の底上げを図るとともに、
残り6割を占める他の教養科目にも目を向け、適時適切な準備と進捗確認を促すことを目指します。
そのためには、
数的処理の現状把握
制限時間内での問題選択能力(選球眼
他科目の学習計画
が欠かせません。

また、憲法においては択一のみならず記述も想定し、
受験生が取りこぼしがちな知識を過去の本試験データに基づいて出題、再インプットを目指していきます。


ここからの半年が勝負です。本気で合格を目指したい皆さんのご参加を待っています。




以上京都駅前本校のからのお知らせでした!皆様のご参加をスタッフ一同心よりお待ちしております(^^)

【京都】10月アドバイザーHRのお知らせ 

カテゴリ:京都駅前本校からのお知らせ

皆様はじめまして!

京都駅前本校公務員合格者アドバイザーの
岡本はるかと申します。

京都駅前本校では中島、景山、今村、岡本の4人で受講生の皆様の合格のため、
これから精一杯サポートさせていただきます!!
どうぞよろしくお願い致します!


さて、今回は第1回アドバイザーHRのお知らせです♪♪

日時:10月29日(日)16:30~18:00
教室:当日掲示

・主5の勉強方法
・各試験種について
・本試験までのアドバイザーのスケジュール
・LECのフォロー制度
・あるあるQ&A


今の時期、自分の勉強方法は正しいのか、
このペースで本試験までに間に合うのか・・・?
などなど、悩みは尽きないと思います。

ぜひこのバイザーHRに参加して、それらの疑問や不安を解決してください!
LECコース生だけではなく、学内講座生の参加ももちろん歓迎です!!

バイザー一同、皆様のご参加をお待ちしております♪

10月HRチラシ

【京都】10月度担任進路相談<前半>の予約受付について 

カテゴリ:京都駅前本校からのお知らせ

【京都】10月度担任進路相談<後半>の予約受付は、

10/13(金) 15:00~

開始します。


【京都】10月度担任進路相談(修正版)




予約は、前半1回(1~15日)・後半1回(16日~31日)の月計2回を限度にご利用いただけます。
※講師ごとにではなく、全体の枠になります。
少しでも多くの皆様にご利用いただけますように、ご協力をお願いいたします。



こちらのスケジュールは、急遽変更になる場合がございますので、
随時ご確認お願いします。