(追加)【理系公務員】 専門職種別 まるわかり説明会のご案内 

カテゴリ:京都駅前本校からのお知らせ

梅田駅前本校でもDVD実施することになりました!!
詳細は下記をご参照下さい。

==================================
    【理系公務員】 専門職種別 まるわかり説明会のご案内 
==================================

一般に、理系(技術系)公務員と言われますが、その中には様々な職種が含まれています。
実際に公務員になりたいけど、自分が向いている職種があるのか、どんな勉強を
すればいいのかなどわからないことが多くあります。
このイベントでは、そんな分かりにくい理系(技術系)公務員を職種別に完全詳解!
プチ模試(※)付きで仕事内容から学習法までがまるわかりです。

※「プチ模試」とは・・・
過去に公務員試験で出題された問題を解き、出題レベルや傾向をつかむための演習です。

<<実施内容>>

【梅田駅前本校 日程】
12/ 3(土) 10:00~20:20
※DVD講義にて実施
※両日とも同内容になります。
※11/5、6に梅田駅前本校で中継されたイベントの再放映になります。

【職種別タイムスケジュール】
農学職 10:00~11:30
化学職 11:50~13:20
電気職 13:40~15:10
機会職 15:30~17:00
土木職 17:20~18:50
建築職 19:10~20:20


【京都駅前本校 日程】
11/27(日) 10:00~20:20
※DVD講義にて実施
※11/5、6に梅田駅前本校で中継されたイベントの再放映になります。

【職種別タイムスケジュール】
農学職 10:00~11:30
機械職 11:50~13:20
電気職 13:40~15:10
化学職 15:30~17:00
土木職 17:20~18:50
建築職 19:10~20:20

※各職種、
「仕事説明会(30分)」

「プチ模試(30分)」

「科目別の勉強対策(30分)」
の流れになります。

【実施校】
LEC 梅田駅前本校
LEC 京都駅前本校

【説明会参加料】
通学クラス(KH12002):1,000円(税込)

※1回お支払いただければ、どの職種の説明会にもご参加いただけます。
※説明会実施当日に、全職種の説明会への参加チケットをお渡しします。
参加の際には、このチケットをお持ちください。
※説明会参加料お支払方法は、実施会場ごとに異なります。参加当日にご確認ください。

【説明会参加特典(通学クラスのみ)】
【1】理系(技術系)公務員採用情報冊子(平成23年版)をプレゼント

※情報冊子の内容は、全職種共通(1種類)です。
※在庫が切れていた場合、後日発送となります。

【2】さらに講座を予約すると通常、5,000円の講座予約割引が10,000円になります。

■対象コース 2012年向け理系公務員 各種コース(KV11017記載のもの)
■割引額[各本校で実施される講座説明会に参加し、対象コースを予約された方]
本申込時に 10,000円割引講座説明会当日、会場にて対象コースをご予約いただくと、
本申込時に10,000円割引となります。

※ご予約の際には、予約金として1,000円をお預かり致します。
なお、お預かりした予約金は実際のお申込の際に受講料に充当させていただきます。 
※友人紹介割引、大学生協・書籍部価格及び代理店書店価格との併用は可能です。
(LEC本校にて割引証明書を発行いたします)。

********************************************
LEC東京リーガルマインド 梅田駅前本校
お問い合せは…
 06-6374-5001(平 日:12:00~21:00)
       (土曜日: 9:00~19:00)
       (日曜日: 9:00~18:00)
********************************************
LEC東京リーガルマインド 京都駅前本校
お問い合せは…
 075-353-9531(平 日:12:00~21:00)
       (土曜日: 9:00~19:00)
       (日曜日: 9:00~18:00)
*******************************************

LECが受験生から多くの支持を受けている理由 

カテゴリ:LEC公務員スタッフより

現在東京本社で『合格体験記(2011年度版)』の編集作業が急ピッチで進んでいます。
 今日は2011年度の合格体験記データから抜粋して「LECを選んだ理由」を掲載します。


■Hさん(東京都庁)
「公務員試験は科目が多く、内容も多岐にわたるので、勉強を始めた時期が遅かった私は、短期間で効率よく勉強を進める必要がありました。そのため、スケジュールに沿って必要な科目を効率的に勉強ができる予備校に通おうと考えました。何校かある中からLECを選んだのは、ライブ授業が充実していると感じたからです。私は、DVDやWEBよりも、ライブ授業の方が集中して講義を受けることができるため、自分のスケジュールに合わせて受講できることが、予備校選びの最重要ポイントでした。3月まではサークル活動をしていて、夜間コースでは受けられない授業が多かった私にとって、全日コースで全てのライブ講義を受けられるところが、LECの魅力のひとつでした。加えて、どうしてもライブで受けられないときや、もう1度講義を復習したいときには、WEBでカバーすることができます。LECのWEB講義は、1科目で何人かの先生の授業を受けられる他、1コマ150分の講義を30分ずつ区切って受けられ、とても利用しやすかったです。また、駅と地下でつながっていて、天候に左右されずに通学できる抜群の立地条件も、決め手になりました」。

■Sさん(警察)
「5月に試験があるにもかかわらず年が明けてもほとんど勉強をしていなかったので、正月明けくらいにそろそろやばいな…でも独学で勉強する気力はないな…と思い、私の受験勉強は予備校探しからはじまりました。何校かパンフレットをいただいたり、直接話を聞きに行ったのですが、時期が遅すぎたため生講義を受講するには手遅れでした。しかしLECのDVDの講義があるのを知り、これなら自分の時間に合わせて勉強できると思い即決しました。受講料も良心的で、後々風のうわさで合格している人が多いというのを知り、あの時即決していてよかったと思いました」。

■Fさん(裁事Ⅱ)
「私は去年、独学で公務員試験を受け筆記で全て落ちました。7月に結果が出てからすぐに親に相談し、LECの卒業生の先輩に友人紹介シートを記入してもらい、LECに入りました。先輩が通っていたというのもありますが、やはり決め手は、説明会のときの説得力と、びっしり書かれた合格体験記を読んで、ここなら合格できそうだ!と思ったことです。独学でも何とかなるんじゃないか、最初は私もそう思っていました。しかし非法学部の私にとって法律科目を一から一人で勉強することは至難の業で、いくら過去問の解説を読んでも問題集を繰り返し解いても(そのとき私は「スー過去」を使っていました)、ちっとも理解していませんでした。結局教養科目に十分に手が回らず本試験を迎え、うすっぺらな専門知識と、捨て問だらけの教養で、受かるはずもありません。LECの授業を受けてからは、あんなに独学で勉強したつもりだったのに、新しく面白い知識がポンポンと入ってきて、毎日、なるほどそうだったのか!と思うことがたくさんありました。
 LECには志の高い同志がたくさんいて、みんなで情報交換することができるのでほんとによかったです。情報通の友人に何度も助けられました。また、直前期には朝から晩まで自習室を利用していましたが、勉強に集中できる環境が整っており、わからないことは講師にすぐ相談できることもLECの魅力だと思います」。

■Kさん(地方上級)
「公務員試験予備校に行くか独学で挑戦するかを迷っていた時に、LECに通っていた大学の友人にどのような雰囲気なのかを聞いたところ、なんかよさそうだな~と思い、受講相談にいってみたことがきっかけでした。受講相談ではとても丁寧に説明をしていただき、また自習室の使い勝手もよさそうだったため、LECに通うことにしました。面接などの経験がないため二次試験の対策をしっかりやってくれるというところや、模試を色々受けることができるというのも魅力的でした。私の性格上、WEB講義だけだと絶対に怠けてしまうことが分かっていたため、他の受験生からの刺激を得ることができる生講義のあるコースに決めました。また私は、専門科目については試験の2年前から少しずつ勉強を独学で始めており、教養のみを予備校で学びたいと思っていたため、教養コースにしました。ただ、時間が限られている方は専門科目も絶対に生講義を受けた方が効率は良いと思います」。

■Kさん(裁事)
「私はすばらしい講師がいると聞いたこと、地下直結で通いやすいこと、この2点でLECに決めました。普通は他の予備校もいろいろまわって、それぞれ比較して決めると思うのですが私は他の予備校はまわりませんでした。めんどくさいというのもあったのですが、そのときからLECの講師を信頼していたというのが大きかったと思います。予備校選びはみなさん迷うと思うのですが、勉強するのは自分なので自分が一番頑張れる環境を提供してくれる予備校を選ぶのが良いと思います」。

■Sさん(地方上級)
「昨年LECに通っていた後輩がいたので色々と話を聴き、ガイダンスに参加しました。その際に先生が他の予備校と一緒にしないでくれと言わんばかりに講師陣に自信を持っていたことが一番の決め手になりました。合格実績の高さも感じましたし、また退職者割引の制度があり、受講料が2割引されることも有難かったです。実際に通い始めて、生講義でもWEB講義でも講師のレベルが高いと感じました。特に主要科目の講義は充実しているので、他のテキストなどに頼らずに本番でも得点することができました。そして筆記試験合格者が集まるガイダンスではどの試験種でも多くの合格者が集まっており、その中に自分がいられた時にLECにして正解だったと思いました。そして同じように公務員を目座す志が高い仲間達に出会えたことが、合格に辿り着くための一番の力となってくれました。お互いにモチベーションを高め合い、そして協力し合えたことで長い勉強期間を乗り越えることができました」。

■Yさん(裁事Ⅱ)
「私は公務員を目指し始めた時から公務員予備校に通うことを決めていましたが、どこに通うかはとても迷いました。いくつかの予備校のうちからLECを選んだ理由は三つあります。一つ目は、授業が夜の7時から始まる事です。私は市外の大学に通っていたので、通学にとても時間がかかりました。そのため、大学の講義とLECの授業を両立させるためには、夜7時という少し遅めの時間の授業が助かりました。二つ目は、知り合いがLECに通っていたことです。一年早く通っていた友人から話を聞き、良い印象を持ちました。でも、一番の決め手は、実際にいくつかの予備校の説明会に参加し、体験授業を受けた時の印象でした。授業がわかりやすく、事務局の方も親切だったのでLECに決めました。今思うと、合格するかはどこの予備校に通ったのかではなく、やはり自分がどれだけ努力したのかだと思います。その意味で私はLECを選んでよかったと思います。熱心に指導してくださる講師の方々、ライバルであると同時に互いに高め合ったLECの友人の存在が私を努力させてくれたと思います。LECは充実した授業が受けられるだけでなく、自分自身が努力するための環境が整っていると思います」。

■Sさん(裁事Ⅱ)
「公務員試験は科目数が多いことや情報集めが重要となるということを聞き、予備校に通うことに決めました。そのときにいくつかの予備校のパンフレットを見比べていましたが、最終的にはLECを選びました。どうしてLECを選んだかというと、上位合格者を多数輩出していること、駅から地下でつながっていて雨の日でも通いやすいこと、そして料金が安いこと、DVDだけでなくて生講義が受けられるので勉強のペースがつかみやすいことなどがとても魅力的だったからです。いま考えると、優秀な講師陣とレベルの高い受講生の中で自分も勉強できたし、論文対策や面接対策も充実していたのでLECにきめて本当によかったなと感じます。LECのスケジュールどおりに、周りの受講生と同じペースで勉強していれば間違いなく合格できるのではないかなと思います」。

■Iさん(国税)
「勉強を始めるのが12月と遅かったこと、さらに他の資格の講習やテスト・レポートがあったことなどから、通信で講義を受けながら大事な科目は通学できちんと受講したいと思い、LECの説明会に参加していろいろ質問したところ、受付の方や講師に誠実に対応していただき、ここならきっと大丈夫だと思いLECに決めました。実際に講師の方は質問をすれば納得するまできちんと説明してもらえましたし、スケジュールがわからないとき等、受付で聞けばとても親切に教えてもらえました。また過去の合格実績がしっかりしていること、入校した時期に合わせて組むことができる豊富なカリキュラムも選んだ理由です」。

■Tさん(地方上級)
「私の所属していたサークルのLEC出身の方々が、軒並み合格していたからです。さらに、私の所属する研究室のLEC出身の友達も、軒並み合格しているからです。よく知っている人たちが次々合格していたので、「これは信頼できる!」と思いこちらで受講することにしました。ついでに言うと、「きっと私も彼らと同じルートに乗ったのだから、きっと合格するだろう!」という割と安易な理由でもあったりします。
 でも今思うとこの安易な理由が大正解だったように思います。LECは特に2次対策がしっかりしていますので、面接対策では同じ受験生や先生方に支えられながら、とても質の高い対策ができます。さらに精神的にしんどい時でも同じように悩んでいる人と話すことでかなり楽になったりします。私は特に2次対策の時に「LECにしてよかったなぁ。」としみじみと感じました。今から面接に不安のある方はぜひぜひLECへどうぞ。」

■Kさん(地方上級)
「私が、LECを知ったのは友人からの紹介でした。その友人は私と同じように公務員を目指し、すでにLECに通っていました。私には、他の予備校に通っている友人もおり、その友人が通っている予備校にも話を聞きに行きました。しかし、LECの職員の方が親切丁寧に試験科目や勉強の仕方、LECの授業のシステムなどを教えてくれたことが、LECを選んだ大きな理由です。また、合格実績が良いこともLECに魅力を感じた理由の一つです。予備校に通うことは手段であって目的ではありません。自分の希望する職業に就くために予備校に通うのであって、あくまで最終的なゴールは試験に合格することです。そこで私は合格実績のあるLECで勉強法を学び、公務員という職業に就くためにLECで勉強をしようと思いました。LECに受講の説明を聞きに行くまで、私は公務員試験について何の知識も持っていませんでした。そんな私でも最終合格に導いてくれたLECに通って本当に良かったと思います。」

■Aさん(地方上級)
「大学2年生のころに勉強を始めようと思い、独学でやろうかとも思ったのですが無理そうだったので、とりあえず数的処理の講座を単科で取ろうと考えました。このときに予備校各社のパンフレットを見比べたときにLECの価格が安かったのでLECにしようと思いました。それから、各社の無料体験講義や説明会に出たり、体験記を読み比べたりして大学3年生からもLECのコース生として通うことを決めました。理由は、合格者体験記が厚くて内容が濃く大変参考になったこと、素晴らしい講師がそろっているということ、LIVE+Webなのに価格が安いということです。今振り返ってみて、公務員を目指す仲間がたくさんできたことがLECに入ってよかったことだと思っています。公務員試験は長丁場なのでお互い支え合い、勉強でわからないことを聞くことができる仲間の存在は大きいです。二次の面接対策のときも、みんなで模擬面接をしたり、合格者が多いのでたくさんの情報が回ってきて助かりました。」

■Yさん(地方上級)
「LECに行って合格した友だちの勧めです。友だちの話では、①実績がある、②講師が素晴らしい、③受講生が多いから友だちがたくさんできる、という話でした。実際そうでした。まず実績は皆さんも納得だと思います。講師陣はまさにプロ!という感じで、様々な科目の初学者にもわかりやすく、さらに合格できるレベルまで導いてくださいます。本当にプロフェッショナルです!!そして友だちができるというのは本当に大事だと思いました。公務員試験は長い長い戦いです。大学の友人などが続々と民間の内定をもらっていく中、頑張り続けなくてはいけません。辛かったですがなんとかその時期を乗り越えることができたのは、同じ目標を持った友人たちや相談にのってくださる講師の方々がいらっしゃったからです。仲間は必須です。多ければ多いほど心強いと思います(情報も多くなるので!)。LECで多くの友人を見つけましょ♪」

■Iさん(地方上級)
「公務員試験に関して無知であったためとりあえず予備校の説明会に参加しようと思いました。また、公務員試験は難しい試験であるという印象があり、また私は要領が良い方ではないため、独学で勉強を進める自信がなく、予備校に申し込もうと考えました。多くの予備校があり、迷ってしまうので、とりあえず最初に生協で手に取ったパンフレットがLECであったため、LEC説明会に参加し、他の予備校は回らずに直感でLECに決めました。決め手は説明会がとてもわかりやすかったこととLECで頑張れば合格できそうな気がしたからです。また筆記対策はもちろんのこと、面接対策が充実していることも決め手となりました。あとは、私が通っている大学から近いという単純な理由です。このようにあまり深い理由があったわけではありませんが、今ではLECに通って良かったと思っています。私の体験から言えることは、これから予備校を選ぶ方も直感を大切して下さいということです。」

■Iさん(地方上級)
「私は、大学の公務員講座を受講していたのですが、予習・復習はあまりせず、正直なんとなく講義を受けている状況でした。そんな時、大学3年になる直前にLECの説明会に参加し、公務員試験は毎日何時間も勉強している人たちと戦わなければならないということを知り、勉強をしていく中での効率であったり、公務員試験に向けて必要となってくる情報や、同じ境遇の予備校生たちからの刺激などを考え、予備校に通ってしっかりと準備してから試験に臨んだ方が良いと思い、予備校に通うことを決めました。予備校はだいたいまわったのですが、その中でもLECを選んだ理由は、もともと大学の公務員講座で存在を知っていて、尊敬する先輩がLECに通っていたこと、そして良心的な受講料などが決め手でした。また、WEB講義があり、講義を休んでもWEB上でいつでも見れますし、忘れたと思ったら何回でも講義が受けられるので、とても助かりました。私はLECを選んで本当に良かったと思っています。」

■Iさん(地方上級)
「土木職で試験を受験しようと考えたとき、公務員予備校には事務職・警察官・消防士を対象とした科目しかないものだと思っていました。そこで、一般教養は予備校で、専門は独学で勉強しようと考えました。そのため、公務員予備校として有名ないくつかの予備校の説明会に参加しました。しかし、インターネットで調べてみると、土木職についての生講義はないけれど、DVDで勉強できるLECを見つけました。すぐに説明会に行き、話を聞きました。一般教養の講義と専門科目のDVDがある受講コースがあり、他校よりも受講料が安いこと、さらに自分の苦手な面接の対策・対応にも力を入れているということでLECに決めました。LECは説明会に直接行った際、何に力入れているか、公務員でも国・地方・警察・市役所のどの合格者が多いのか、とういうことも具体的に話してくれ、2次対策に強い講師がいるといこともわかったので、自分に合っていると感じました」。

■Yさん(地方上級)
「公務員試験対策を行っている予備校が数ある中、私がLECを選んだ理由は、①受講料金が安いこと、②受付の方の対応が非常に親切で丁寧だったこと、③友達が通っており講義がわかりやすいと聞いていたこと、の3つです。料金が安いからといって、授業が手抜きなどということは一切なく、むしろ講師の方は非常に丁寧にわかりやすく教えてくださいますし、わからないことを授業後に質問しても嫌な顔ひとつせずに答えてくださいました。また、公務員試験は長期戦で予備校にお世話になる期間も当然長いので、受付の職員の方が親切に接してくださるというのは、実は非常に大きなポイントだと思います。
 私は、通学のコースで受講していましたが、Webのみのコースであっても、2次対策(面接対策や論文対策)は通学コースの人と同様に受けられるので、アルバイトやサークルで忙しい方も安心して受講できると思います。そういった、サポート体制がしっかりしていることもLECの魅力の一つです。」

■Kさん(地方上級)
「予備校選びでは、LECは民間経験者に向けて退職者・離職者応援割引を行っており、受講料が20%割引になったのが決め手でした。LECも含めいくつかの予備校で体験授業を受けましたが、○○先生のDVD授業が一番印象に残っていたのも手伝ってLECを選びました。LECは授業だけでなくさまざまなイベントを企画してくれたため受験に対する疑問や不安を払拭することができました。LEC主催の懇親会もあり生徒同士が交流する機会が多いのはLECの大きな特徴だと思います。聞いた話だと他の予備校ではそのような懇親会はなく生徒同士は最後まで他人同士だったということもあったそうです。せっかく1年近く身をおく環境なので、そこで新しいコミュニティができないのは非常に残念なことだと思います。また、筆記が終わった後のワークショップという集まりでは友人が増え、内定後も遊ぶ機会の多い友人ができたのでLECに選んで本当に良かったです。」

■Kさん(地方上級)
「私は、3年生の時に大学を編入していたので、講義をたくさんとらなければならない状況でした。その中で、公務員試験の勉強を独学でしていくのは困難だと考え、どこかの予備校に通おうと考えていました。当初は6月ごろから通おうかとも思っていましたが、大学の講義の多さに予備校に通うのは難しいと考え、ある程度落ち着く10月頃から通うことにしました。実際に色々な予備校を見学しLECに通うことにしました。LECは窓口にいる職員の方の雰囲気や対応もとてもよく、親身になってくれる感じがしたことと無料体験で受けた先生(経済)の授業が本当に分かりやすかったので「ここだ!」と思い、決めました。また、大学から近く、駅直結だったため通学にも便利であったこと、講義の時間も自分にあっていたことも大きかったと思います。」

■Sさん(国Ⅱ/地検)
「私がLECを選んだ大きな理由の一つが○○講師が民法の授業を教えてたからです。私は大学の法職講座で○○講師の民法を学びました。○○講師の民法はとても丁寧で初学者にもわかりやすく、また勉強のモチベーションを上げてくれる話術を持っています。また、それ以外にも理由はたくさんあります。まずは、生講義を休んでしまった場合でもWEBで全国のLECの講義を視聴することができること。何回でもWEBを視聴できることは、とても大きいことです。講義を何回も視聴することにより復習にもなります。
 あとはLECの事務の方はとても対応が丁寧です。これは実際にLECの事務に行くとすぐにわかると思います。私自身、予備校に通うか悩んでいる時に、相談をしに行ったらとても親身になって相談にのってくれました。みなさんもとりあえず悩んだら、LECに相談しに行ってください。
 最後に個人的に良かったと思う点は、地下鉄から直結で通学できるという点です。些細なことだと思うでしょうが、どんなに雨でも吹雪でも一回でも外に出ることなく通学できるということは、とても便利でした」。

■Iさん(地方上級)
「LECを選んだのは、第一に通学が便利だったためです。大学へ通うのに駅を利用するため、駅直結のLECは通学しやすく便利でした。また、窓口へ説明を聞きに行った際にとても丁寧にわかりやすく話していただき、好印象を持ったのでLECに決めました。合格者数も多く、信頼感を持てたのも理由の一つです。もちろん最終的には本人の努力が大切ですが、LECの先生方やスタッフの方々には努力するための環境を整えていただきました。講義や二次試験対策の充実ぶりはもちろんですが、一緒に試験を受ける受講生同士がライバルではなく仲間になれる場だったと思います。」

■Mさん(地方上級)
「きっかけは大学の公務員講座で○○先生の講義を受けたことです。優しく穏やかな雰囲気で、わかりやすい例えを用いながら、丁寧な講義を展開して下さる先生の講義を受ければ、難しそうな経済分野もなんとかなる気がしました。そしてLECに通いたいなと思いガイダンスに出席した際「公務員は笑顔のために働くことのできる仕事」と先生がおっしゃったことが本当に心に響きました。このような先生たちについていきたい!と思いLECに決めたというのが1番の理由です。他にも私は1度の講義で理解しきる自信がなかったので、WEBで何度も講義を受けられるシステムにも魅力を感じました。また私はJRで通学していたので、駅直結でとにかく通いやすい点や、抜群の合格実績もLECに決めた理由の1つです。実際に、先生も事務局の方も本当に些細な事にも親身に解決に導いてくれましたし、WEB講義も理解を深めることに本当に役立ち自分にあったやり方で勉強することができました。LECに決めてよかったです。」

■Kさん(地方上級)
「私が予備校に通うと決めたのは、苦手の数的処理や未知の分野である経済原論を自力でやることに不安を覚えたのと、面接という言葉だけでぞっとするくらい苦手な二次試験を克服したいと思ったからです。その中でもLECを選んだのは、本校でたくさんの公務員合格者を輩出していることと、ゼミの友人や後輩でLECに通い、皆みごと第一志望のところに受かっていたからです。そして、二次対策のフォローがしっかりしていることも重要な決め手でした。圧迫面接の後、心の動揺を抑えられない状態の時や合格発表の前の落ち着かない時期に先生や事務の方が親身になって話を聞いてくれたことで、ピンチを乗り切ることができました。また、駅に近いため、便利であることも選んだ理由の一つでした。私はよく授業の前にアピアのタイ焼き屋さんやエスタのジェラード屋さんに行き、至福のひと時を過ごしてからLECに向かいました。」

■Sさん(地方上級)
「私は大学3年の4月に、公務員予備校に入ろうと思い、3、4校ほど公務員予備校を回りました。そのなかでもLECを選んだは理由は3つあります。一つ目は、生講義の開始時間が他の予備校より少し遅かったことです。このとき、まだ大学でとらないといけない講義が多々あり、そちらもおろそかにしたくなかったので、大学と予備校の勉強を両立させる上で開始時間は重要でした。LECでは19:00スタートなので余裕を持って講義に参加できました。二つ目は、Web講義が充実している事です。生講義で理解できなかったところや苦手な科目も自分のペースで勉強することができました。三つ目は、LECの職員の方たちの熱意でした。複数の公務員予備校の説明会を聞きにいったのですが、他の予備校は、公務員試験の概要や、授業の説明などありきたりな内容のところがほとんどでした。しかしLECは、説明が終わった後も、職員の人が参加者一人一人の質問を親身に聞いてくれました。LEC全体の熱意を感じ、ここで勉強しようと決めました。

■Iさん(地方上級)
「最初は独学も考えましたが勉強する教科も多く、公務員試験の制度や情報などの面も不安だったため私は予備校に通うことに決めました。その中でLECを選んだ理由は、(1)友達が通っていて良いと聞いたこと、(2)立地が良いこと、(3)実際に何社かの予備校の説明会に出てLECが一番自分に合っていると感じたため、の3つでした。実際に通ってみて講義の質は高く、職員の方々も親切でLECにして本当に良かったと思っています。また、良い仲間にも恵まれたこともとても大きかったです。」

■Mさん(地方上級)
「はじめは独学でやろうとしましたが、研究と両立しながら効率よくやらなければならなかったこと、理系だけど事務職で受けたかったこと、普段から勉強するくせがない私には一人でコツコツ・・なんて無理だったので、予備校を利用しよう!と思い立ちました。いろいろ予備校を回りましたが、優柔不断な私にはどこもよさそうで迷いました。決め手は、LECの説明会に行ったときに講師から「理系でも十分行政で合格できますよ」と、過去に国家Ⅰ種国税庁に合格された理系の大学院生の方の体験記をいただいたことです。事務職がいい!と思ってはいたものの、技術職と比べて勉強量は多くなるし、まして法律や経済など初めて触れたこともない教科を勉強しなくてはならないことに、なんとなく不安だなぁと思っていたので、私と同じように理系の大学院まで進んでいて、しかも国家Ⅰ種!というのにはとても励まされました。それを読んでとても強気になり、私だって頑張れば絶対事務職の公務員になれるはず!と思い、LECに決めました。また、LECは情報量が多いとも聞いたので、それも私にとっては大きかったです。」

■Sさん(国Ⅱ/労働局)
「公務員試験を目指すならLECというイメージが私の中でありました。そして知り合いの先輩が通って実績を残していたことが一番の理由です。講義の時間が短く、学校の授業の合間に学習することができることも魅力の一つでした。過去問題集ウォーク問が受講するともらえることはありがたかったです。私は問題演習をほとんどウォーク問で行いました。過去問演習はとても大切なので、まずは過去問を完璧にしようと考えたからです。またLECの模試は公務員試験受験者の多くが受けており、自分の位置を客観的に把握できると思いました。なぜ通学にしなかったかというと、私は周りの人の状況が気になると自分のペースで学習に取り組むことができないと思ったからです。筆記試験の勉強に関してはある程度自分を律して勉強できたと思います。しかし、周りで公務員志望の人が少なかったこともあり悩みの相談をしにくいことがありました。面接試験の対策は筆記試験が終わるまでやっていなくて苦労しました。通学では公務員志望の人から情報を得たり、面接練習をし合ったりできたようなので、この点では通学にしておけば良かったかなと思うこともありました。通学していない私でも親身に相談にのってもらえたのは良かったです。」

■Mさん(地方上級)
「公務員試験を受験するにあたり、始めは独学でいこうと思いました。しかし勉強を進めていくうちに経済原論という壁にぶち当たり、その他色々と独学に限界を感じたので予備校に通うことにしました。
 正直に言うとLECの説明会に参加する前までは、違う予備校に行こうと思っていました。しかし実際に説明会に参加してみると受付の方々の対応がとても素晴らしく、親身になって対応して下さったので説明会が終わる頃にはここに入ろうと決めていました。
 また昨年の合格者の友人からもLECの話を聞き、優秀な講師の方が揃っていることや出席できなかった時のフォローもしっかりしていたこと、勉強面などの1次対策だけでなく、2次対策もしっかりしているところも大きな要因でした。
 予備校に通うということはお金もそれなりにかかるので二の足を踏む方も多いと思いますが、LECにはそれだけの価値があると思いますし、私はLECに決めてよかったと思いました。」

■Mさん(地方上級)
「福祉系公務員の受験を決めた私は、予備校や参考書を調べ始めました。しかし、福祉系科目(社会福祉、社会学、心理学、教育学等)に対応した教材の少ないこと!予備校での福祉系講座の見当たらないこと!それはもうがっかりしました。これは専門科目の専門書を買って一人で一からやるしかないのか、と悩んでいました。ところがLECにはとても充実した福祉系対策講座がありましたよ。これしかないと思い、すぐに申し込みました。試験を終えて思うことは、LECがなかったら僕は受かっていないということです。わかりやすくまとまった教材とおもしろい講師陣、そして面接等で協力していただいたスタッフの方々。感謝の一言です。特に福祉での受験を考えている方はLECのテキストを信じてやっていれば間違いないと思います。私は家裁コース(社会学)で受講していたため、社会福祉学・教育学・心理学等は独学で行わなければいけませんでした。そのなかでも特に社会福祉学の対策が非常に大変でした。社会福祉学は出題数も多いので絶対にLECでの講義を受けることをお薦めします。福祉系公務員はLECがなかったら本当に対策が厳しいです。LECに感謝して、遠慮なく力を借りましょう」。

■Sさん(地方上級)
「私は大学4年の春に公務員を目指して、就職浪人することを決めました。「来年は絶対に受かって就職しなければ!もう後がない!」というプレッシャーもあり、効率的に勉強ができ、たくさんの情報が得られる予備校に通うことを決めました。様々な予備校をまわる中で、LECが一番親身に対応して下さったことが決め手でした。窓口で公務員試験の事やLECの講師の良さなどいろいろな事を教えてもらい、ここならば安心して相談でき、1年間頑張っていけそうだと感じました。これから勉強を進めていく上で不安なことやわからないことが出てくると思いますが、そんなとき親身になって相談してもらえる雰囲気かどうかは重要だと思います。また、実際に無料で授業を体験することができ、とてもわかりやすかったこともLECを選んだ理由の一つです。友人からも良い講師がいると聞いていましたが、本当にその通りでした!あまり好きではない勉強も1年間楽しくできました」。

■Sさん(地方上級)
「話せば長くなるのですが、私はそもそもちょっとした手違いでLECに入りました。簡単に言うと知人の勧めでもう一つのローマ字三文字の予備校に入る予定が、色々と勘違いをしてLECに入っていたという感じです。しか実際に入ってみて良かったところはたくさんありました。主なポイントは以下です。
①LIVE講義とWEB講義を併用して学習できる
私は文学部出身のため法律や経済系の科目の講義を一度聞いただけでは理解できないということが多々ありました。そのため、まずはLIVE講義で一通り学び、復習の中でわからない点はWEBで補うというやり方で勉強していました。
②駅直結で通いやすい
JRユーザーの私は雨の日でも雪の日でも快適に通えました。
③雰囲気がいい
講師の方も事務局の方もやさしいです。受講生同士の懇談会も開いてくれるので予備校でぼっちだった私にも友達が出来ました。モチベーションが下がりがちになることもありましたが、LECで出来た友達には本当に救われました。」

■Sさん(地方上級)
「私は9月ころに公務員になることを決め、独学で勉強しようと思っていました。市販の教材を買い勉強を始めましたが、何日か勉強した後に「これは独学では無理だ!」そう思いました。しかし時期的に学校の公務員講座を受けることもできなかったので予備校に行くことを決めLECや他の予備校に説明を聞きに行ったところ、LECが1番丁寧でわかりやすい説明をしてくれたこととLECに友人が通っていたのでLECに通うことを決めました。また私は経営学部であり、経済学も法律も勉強したことがなかったので経済学の先生がわかりやすいと聞いていたことも大きな決め手となりました。実際に通ってみると経済学だけではなく、法律や他の科目の講師もとてもわかりやすい講義を行ってくれ質問にも丁寧に答えてくれたので、初めて勉強する科目もしっかりと理解していくことができました。また、講義を何度も受けられる点や2次試験の面接対策も最後までしてくれる点はとても助かりました。」

■Cさん(地方上級)
「私がLECを選んだ理由は二つあります。まず一つ目は、友人の紹介があったからです。その友人は私より2年前にLECで勉強し、現在公務員として働いています。その友人から授業の内容、講師の方々、公務員の情報の質など様々なことを聞き、LECの良さを知りました。次に二つ目としては、LECが価格の面で安かったからです。私は公務員受験をする上で独学では限界があると思い、公務員予備校に通うことに決めていましたが、バイトはあまりせずに勉強に集中するつもりだったので少しでも授業料は安くと考えていました。そのため全ての公務員予備校の資料を取り寄せて価格を比較したところ、退職者割引があるLECが低価格だと感じました。民間企業を退職して一人暮らしをしていた私にとっては、大変有難かったです。」

■Oさん(国税)
「私がLEC選んだ理由は、単にWEB講義があり、受講料が安いからでした。ちなみに私は部活をやりながら勉強するつもりでしたので時間の融通が利くWEB講義を選択しようと思っていました。実際にWEB講義を受けてみると、講師の方のスキルに驚かされました。特に憲法の吉井講師、経済原論の宮本講師、日本史・地理の永田講師には本当にお世話になりました。講義はすべてWEBで受けたため、本校に行くようになったのは面接対策の時期になってからでしたが、この時期には本当にLECでよかったと心から思いました。それはLECの面接対策がとても充実しているからです。昨年受かった先輩や、公務員として長年活躍されているベテランの方の貴重なお話を聞く機会を作って頂いたのがひとつ。もうひとつは面接カード添削や模擬面接をひとりひとり丁寧に指導して下さった講師の存在です。LECを選択して本当によかったです。」

■Nさん(地方上級)
「公務員を目指そうと考えていた時から、予備校に通おうとは考えていました。というのも、公務員試験のイロハの「イ」の字すら知らなかった私などが、独学で勉強を進めてしまうと何か取り返しのつかない事態を招いてしまうのではないかという予感をひしひしと感じていたからです。また、自分の将来を占う試験であるという認識も強くありましたので、後悔だけはしないように十分な対策を取ろうという気持ちも予備校に通おうという思いを後押しさせました。しかし、具体的にどこの予備校に通おうとまでは考えておらず、漠然とした思いを抱いたまま三年生の春を迎えました。さて、どうしたものかと各予備校のホームページを眺めていたところ、LEC受講料の安さや通信講座の充実度などがひときわ目につきました。金銭的余裕もあまりなかった私は、LECの価格設定に強く惹かれ、またLECの誇る長年のノウハウ、情報にも魅力を感じ、LECで勉強しようと決めました。」

■Nさん(地方上級)
「私が、いくつかある公務員受験学校の中から、LECを選んだ理由は、アドバイザーの方々の存在と、優れた合格実績にあります。私は、予備校を選ぶ際、いくつかの予備校を回り、検討しましたが、知る限り、公務員受験を前年に受けた方が常時アドバイザーとしているのは、LECだけでした。また、実績面でも上位合格者を多く出していくことや、受講者数が多いことも決め手になりました。
 実際に受講してから気付いたLECの良さとしては、受講生が苦手としやすく、それでいて配点の高い数的処理や経済原論の講義がすばらしかったこと、教養の細かい科目まで手抜きがなかったことが挙げられます。また、一次試験だけでなく、面接に関しても知識の豊富な講師の方の存在も大きいです。」

■Nさん(地方上級)
「私がLECに入校したのは4月だったので、比較的早い方だったと思います。予備校選びではとりあえず大手4校の説明会に出ることにしました。各予備校に実際に足を運んで説明を受けましたが、講義の内容面のことはよく掴めなかったので、自分が約1年間勉強を継続できる環境を提供してくれる予備校に決めようと考えました。そこで、各予備校の雰囲気、講師、教材、授業に出られなかった際のアフターケア(DVD教材)等から判断しようと考えました。その中で最も重要視したのが予備校の雰囲気でした。自分が毎日通うことになる予備校に行きたくないと思ってしまうことだけは避けたかったので、説明会の講師の雰囲気が私にとっての決め手となりました。1時間弱の説明会でしたが、明るい印象を受けたこと、またウォーク問が勉強を継続しやすいと感じたことを覚えています。またわからないことがある場合に相談に行くことになる窓口の方々がとても親切であったということが大きかったです」。

■Tさん(地方上級)
「どの予備校に通うか決めるために、いくつかの予備校に行って資料請求をし、説明を聞いたり体験授業に参加したりしました。その中でいろいろな予備校を比較した結果、2つの理由からLECに決めました。1つ目は、自宅でも講義を受ける事が出来るWEB講義があることでした。私は4月からLECに通っておりましたが、秋ごろまではアルバイトのシフトもたくさん入っていたので、LIVE講義に出られないこともありました。そういったときに、自分の空き時間を活用して自宅でWEB講義を受ける事ができるLECのシステムは、とても便利でしたし助かりました。また、LIVE講義も、他の受講生の講義に乗り入れて受講できたり、自分が受けたい講義は何度でも受ける事ができるところも嬉しかったです。2つ目は、○○先生がいる予備校というところでした。2年生の頃、大学で行われていた公務員講座を受講していたときに、経済原論担当の講師の方がとてもわかりやすいなぁという印象を持っており、その講師の方が先生でした。先生についていけば経済は大丈夫だ!と確信していましたので、先生がいる予備校というところも、LECを選ぶ大きな決め手となりました。私の尊敬する先輩もLECに通っていたので、LECを選んで大正解でした」。

■Tさん(地方上級)
「私の場合、公務員試験に向け勉強を開始したのが1月の終わりとかなり遅めのスタートでした。その為、出題範囲が多岐にわたる公務員試験において、独学での一発合格は困難であると判断し、予備校に通うことにしました。
 その中でLECを選択したのは、その合格率の高さからです。私のような後発組の為のカリキュラムも用意されており、昨年私と同じような境遇で見事一発合格した知人の話も聞いていました。駅直通という立地はとても魅力的でしたし、退職者割引の制度も有難かったです。
実際に受講してみて、講義される講師の方々のレベルが高く、扱う教材も質が良いという印象を受けました。講義をしっかり受け、配布レジュメやウォーク問を使って復習すれば、他の教材に頼らずとも本番で得点することができました。
 また、受講生向けに自習室・休憩室が開放されている為、目標を共有する仲間に多く出会うことができます。互いに切磋琢磨することでモチベーションを維持できたことが、長い試験を乗り切れた要因だと思います。
"

■Wさん(地方上級)
「公務員試験に向けて勉強を始めようとしたとき①独学②大学の公務員講座③予備校の3つの選択肢がありました。受講料などを考えると予備校に通うことに始めは抵抗がありました。大学の先輩に相談したところ、どの勉強方法を選んだとしても最終的には自分が勉強するかしないかで合否が決まると言われました。しかし公務員試験は情報戦と言われるほど情報収集が重要であり、その点において予備校に通うことはかなり有効的であること。また予備校には本気で公務員試験を目指す人が集まるのでレベルが高く勉強するうえでよい環境であること。このような利点から、最終合格への一番の近道はやはり予備校だというアドバイスを受けました。先輩からのアドバイスに加え、受講料が多少高くとも確実に一発合格できればすぐに元はとれる!!という打算的な考えもあり(笑)予備校に通うことを決めました。LECを選んだ理由は、相談に乗ってくれた先輩に勧められ、説明会に出席したところ感じが良かったのでLECに決めました。」

■Tさん(地方上級)
「真剣に公務員になろうと決意をし、予備校に通っている人にどこに通っているか聞いてみたら、みんなLECでした。なので私もLECを選びました。私の周りの前年度受験者はみなLECに通い、合格していきました。なので、自分もLECでまじめに取り組めば、合格できると思いました。ちなみに、当時の自分はWebやDVDでの講義があることを知りませんでした。家で勉強することができたならば、もっと早めに入学しておけばよかったと思いました。なので、いつごろから通おうか悩んでいる人は早めの入学をおススメします。また、LECは他の予備校に比べて立地条件が良かったことも決め手でした。他の予備校に見学等に行ったことがないので何とも言えませんが、LECはいいとこだと思います。合格率も高いらしいので。結果的に自分がLECを選んだ理由を果たすことができたので。結局のところ、自分で選んだところならあとは頑張るだけなので、どこの予備校を選んだかというよりも、その後の自分の頑張りが大事だと思います。

■Tさん(国税)
「ただ単に昨年公務員を目指していた大学時代の友人がLEC生であったためです。私は恥ずかしい話ですが大学4年間全くと言っていいほど勉強をしてこなかった人間なので、独学はまず考えませんでした。しかし今までの人生で予備校という空間に足を踏み入れたこともなく、どんな予備校があって一体何が違うのかも知らなかったため、『どーせ勉強なんて予備校うんぬんよりも自分次第だ!!』と思っていました。なので『他の予備校調べても多分よくわかんないだろうし、友人割引あるし、ちゃっかり退職者割引もあるからLECにしよう』とあまり深く考えずLECに決めました。友人がLEC生でなければ他の予備校に行っていたかもしれません。
 しかし実際にLECに入ってみると、花田講師や岡部講師、WEBの吉井講師のようなとんでもなく凄い講師がいたり、LIVEの講師が合わない場合もWEBで他の講師の講義を受ける事が出来ますし、地下鉄の駅から直結で天気が悪い日も濡れずに通えるという意外なメリットもあるので、結果的にLECを選んで本当に良かったと思います」。

■Hさん(地方上級)
「LECを選んだ理由は、公務員予備校の中で定評があること、農学職講座があること、民間企業退職者割引があることの3点です。
 公務員試験の勉強を始めるにあたり、農学職の勉強や面接対策などは一人で行うことは難しいと考えたため、予備校に通うことにしました。何校か予備校を見た結果、さまざまなサポートを受けるにあたってLECが最も充実していると感じたので、LECに決めることにしました。一次試験対策についてはもちろんのこと、いろいろと相談に乗ってくださる講師や職員の方々には大変お世話になりました。また、他のLEC生と知り合い、面接対策などで多くの情報交換が出来たことも大きなメリットでした」。

■Hさん(地方上級)
「公務員試験の受験を決めた時に、独学で勉強するという選択肢もありました。しかし、大学院での活動も精一杯やりたいと考えていたので、効率よく受験対策をするために予備校に通うことにしました。LECに決めた理由は、LECに通っていた友人たちから、LECの講師陣が優れていることやスタッフの方の対応が親切だという話を聞いていたことが大きかったと思います。そして何よりその友人たちがみんな複数の公務員試験に合格していたので私もLECにしようと決めました。実際に通ってみて感じたのは、カリキュラムが充実していて独学では手が回りにくい分野にも対応してくれていること、講義以外にも裁判傍聴や合格者から直接話を聞けるような楽しいイベントが色々あること、面接や論文などの2次対策も充実しているということです。公務員を目指すたくさんの素敵な仲間とも出会えたので、私はLECを選んでよかったと思っています」。

■Tさん(地方上級)
「本格的に公務員を目指そうと考えたのは、大学3年の9月ごろなので、なるべく早く予備校に入って勉強を始めなくてはと考えていました。そのころ大学の友達も公務員を目指し、予備校に入ろうと思っていると言っていたので、なるべく同じところに入ろうと思いました。その理由は一緒に勉強する仲間がいた方がやる気が出るし、情報の交換もしやすいと考えたからです。その友達は実際にいくつかの予備校の説明会に行って、窓口の人が優しかったといってLECに決めました。私もLECにしようかなと思い、他の友達の口コミや予備校のパンフレットやホームページを見て、LECに決めました。正直パンフレット等ではどこがいいか良くわからなかったので、一番の理由は友達がいるということでした。その他に選んだ理由は教材です。大学の法律学習の際には1年生のころからLECのCBOOKを使っていました。レイアウトや文字の色、説明の調子等、好みは人それぞれと思いますが、私にはLECの教材が使いやすかったというのもLECを選んだ理由です」。

■Sさん(国Ⅱ/法務局)
「LECは他の公務員予備校より教室での授業に力を入れているように感じたのが選んだ要因です。私はさぼり癖があるため、きっちり何時から何時まで授業として学校で拘束してくれる方が逆に助かるからです。一方でパソコンもあるため、休んでしまった科目や他のことで忙しい時期で出れない科目についてはそちらで自分で学習できることも助かりました。もう一つの理由は国家公務員Ⅰ種にも対応している予備校を札幌で選ぶならLECであると大学の教務課で勧められたことです。自分で選ぶときは、友人と一緒とだけで決めるのではなく自分なりの勉強スタイルや目標を確認したうえで実際に予備校に相談したり学校の教務課に聞いてみたりするといいと思います。実際にその予備校に通っていた先輩に話が聞けたりしたらラッキーですね」。

■Nさん(地方上級)
「LECを選んだ理由は、実績と講師の評判です。私は大学4年生のとき、つまり2010年の市役所の試験も受験しましたが、残念ながら1次筆記不合格という不甲斐ない結果に終わってしまいました。勉強も頑張りましたし、本当にショックだったので予備校を回ってみて、来年受かる見込みがなければ民間に切り替えようと思っていました。実際にいくつかの予備校で説明を受けた結果、LECが最も市役所の合格者数を出していることを知りました。また勉強している頃から「LECにはものすごい経済学の講師がいる」という噂は耳にしていましたため、以前からLECに興味がありました。そして決定打となったのは、説明会ではわざわざマンツーマンで対応して頂き、勉強方法や民間就職などいろいろな相談をしました。最後に小堀さんが「N君なら来年受かるから大丈夫。LECに来ていただくなら合格するだけでなく、是非1位合格を目指してください」と言って下さいました。「マジか」と思い、LECに人生を懸けてみました」。

■Aさん(地方上級)
「より合格を確かなものにするためにできるだけ早い時期からしっかりと準備したいと考えていましたが、公務員試験に関する知識や情報が何もなかったので何をすればいいのか、教材は何を使えばいいのかという判断すらできませんでした。また自身の性格から独学では甘えが出ると分かっていたので、予備校に通うことは公務員を志望した時から決めていました。本校を選んだきっかけは市役所に合格した先輩に進められたことです。初回の説明を受け、必要な情報が得られるだけでなく「ここでなら合格できる」と思わせてくれる説得力がありました。早ければ早いほど費用が抑えられることや授業は1度きりでなくWEB講座などで補填できることにも魅力を感じました。しかし何より塾生同士のつながりを持つことに力を入れてくれたことが大きかったです。一人では辛くなってしまう期間も励ましたり切磋琢磨して自分を成長させてくれたりする環境を感じました」。

■Tさん(地方上級)
「友人の勧めでLECに決めました。決め手は面接対策が充実しているという点でした。私の大学4年時の就職活動の中で、面接に苦手意識を持っていましたし、公務員試験でも筆記ではなく面接で突破出来ないのではないかという不安が大きかったので、独学の難しい面接対策の充実しているLEC選びました。また、生講義が受けられなくても、別の回で受けることが出来たり、WEB講義で補うことができるといったフォロー体制が充実している点にも魅力を感じ選びました」。

■Nさん(地方上級)
「私がLECを選んだ理由は、元々大学の学内講座で講義を受けていて、同じ学内講座に来ている他の予備校の講師よりも人柄的に気に入ったからです。また申し込みの受付においても丁寧に対応していただき、受講料も比較的良心的でしたのでLECに決めました。また生講義だけではなくweb講義も受けることができるというのも、仮に生講義の講師が自分と合わなかった場合や生講義だけでなくweb講義も聞いて理解を深めたい場合も考えるととても大きな魅力のひとつでした。現に私もweb講義も受けたことで理解を深めることができ本試験で得点源にすることができた科目も多くあります」。

■Tさん(地方上級)
「予備校はいくつか回りましたが、最終的には知人の話を聞いて決めました。私は仕事の関係もあって、5月に入ってからしか勉強する時間があまり取れなかったので、自宅でもDVD学習ができ、自分のペースで学習が進められるところに魅力を感じLECに決めました。見学に伺った時に受付の方が親身になって相談に乗っていただいたのも決める理由になったと思います」。


集団討論イベント 受付一時中断のお知らせ 

カテゴリ:京都駅前本校からのお知らせ

こんにちは。京都駅前本校アドバイザーです。

12月20日(火)に行う予定の「集団討論イベント」ですが、申込者が60人になったので一旦予約を中断させていただきます。

現在キャンセル待ちを希望している人も数人いらっしゃるので、人数について微調整を行うかもしれませんが、何か変更があればすぐにブログにてお知らせいたします。

イベント限定の貴重なレジュメを手に入れる機会でもありますので、これからも積極的にイベントに参加しましょうね!

2013年公務員試験合格を目指す、2年生の皆様はこちら! 

カテゴリ:京都駅前本校からのお知らせ

[大学2年生向け]2年パーフェクトコース開講!

早めのスタートで大学生活との両立&合格をより確実なものに!
  


大学2年生の秋、そろそろ就職について真剣に考えはじめる時期ではないでしょうか。


公務員試験を受けてみたいけど、科目が多く難しいと聞くし、試験内容もよくわからない!

という方も多いのでは?

LECでは、2年生から公務員試験に向けて勉強をはじめる「2年パーフェクトコース」があります!



2年生の今から少しずつでも準備をしていれば、サークルやアルバイトと両立しながら

余裕を持って2013年公務員試験合格が目指せます!



<公務員試験って?>

公務員試験と一言でいっても国家公務員・地方公務員があり、その中でも様々な試験に分かれています。

そして、その多くの試験に共通して1次試験として筆記試験、2次試験として面接試験が課されています。

まずは、筆記試験を突破しなければ面接試験に進むことはできません。



近年、公務員人気はますます高まり、倍率や難易度も少しずつ高くなってきています。

しかしきちんと準備をすれば、合格を勝ち取れる試験です!

LECの2年パーフェクトコースなら他の受験生に先駆けて、筆記対策にも面接対策にも

取り組むことができます!



<2年パーフェクトコース>

パーフェクトコースには2つのプランがあります。



☆先取りプラン

1年目から自分のペースで学習を先取りできる2年間コースです。

公務員試験に関する基礎知識を学ぶ「主要5科目入門マスター」と「択一・記述・面接マスター」を受講し終えたら、すぐに2012年向けの講座を受講していただくことができます。

コースに含まれるすべての科目を受講するのも、数的処理など重要科目のみ重点的に学習するのもあなた次第です。2年間じっくり時間をかけて万全の体制で公務員試験合格を目指す2年間トータルコースです。



☆ゆとりプラン

1年目は、公務員試験に必ず出題される重要科目である憲法・民法・行政法・経済原論・数的処理の

基礎知識を固めます。さらに、試験傾向の分析、記述式試験の対策、面接試験の志望動機や

官公庁研究など、公務員試験に関する基本情報と素養をしっかりと身に付けます。

2年目からは各科目の本格的な学習に突入します。基礎事項は習得済みのため、戸惑うことなく学習を進めることができます。


LECオススメのポイント



○フォローが充実

サークルやアルバイトが忙しく、生講義に出られないことがあってもWEB講義やDVDでフォローができ、

各校舎間の乗り入れや、一度受けた科目の講義も期間内であれば何度でも受講できます。

また、コース生は自習室の利用が無料です!



○模擬面接が無料

WEB収録付きの模擬面接を何度うけても無料です!

近年その比重が大きくなっている面接にもしっかりと対策をすることができます。



○担任講師制度

LEC京都駅前本校には公務員講座の担任が2名います。

担任ホームルームの開催や個別の進路相談、面接対策まで幅広く相談にのってくれます。



○合格者アドバイザー


LEC京都駅前本校では4名の合格者アドバイザー(LEC出身の内定者)が相談にのっています。

<アドバイザー合格先>
国家公務員II種(2012年度より国家一般職)総務省・大阪法務局・近畿財務局・大阪税関;国税専門官;裁判所事務官;東京都;東京特別区;大阪府;京都府;香川県

様々なイベントを企画・運営もしており、ホームルームや懇親会を通して公務員試験を共に戦う友人もできます。


○多くの合格者

国家公務員、地方上級、各市役所など、多くの公務員試験合格者を輩出してます!!

詳しくはこちら

LEC独自のカリキュラムで2013年公務員試験合格を目指しましょう!



少しでも公務員に興味をもたれているのであれば、ぜひガイダンスや受講相談にお越し下さい!


<2年生向け公務員試験ガイダンス>


説明会では専門の講師が職種・試験についてや勉強方法など、1から分かりやすくお伝えします!!
公務員試験を受けてみようかなという方はもちろん、まだ公務員を目指すか決めていないという方もぜひお気軽にお越しください。


12/9(金) 18:45~20:45  2年生向け 公務員スタートセミナー
12/16(金) 18:45~20:45   2年生向け 公務員スタートセミナー

※ご予約不要、参加無料です



【参加特典】
講座説明会・相談会に参加された方には、特別割引をご用意しています!!

説明会の日程が都合の悪い方は、随時、受講相談に応じます。


ぜひ、お気軽にLEC京都駅前本校にお越しください!
皆様のお越しをお待ちしております。

神戸本校 アドバイザー進路相談日程 

カテゴリ:神戸本校からのお知らせ

こんばんは!
神戸本校 アドバイザーの平野です!

12月前半(1~15日)のアドバイザー進路相談の日程が決まりました。
遅くなってしまい、申し訳ありません‥
予約を今から開始します!!神戸本校受付までお越し下さい。
予約はお1人1回(30分)まででお願いします☆

勉強や面接のことなど、お気軽にご相談ください☆

(通学受講生・通信受講生のどなたでもご利用できます)


12月前半 神戸本校 アドバイザー「進路相談」日時

12月1日(木)16時~19時 大倉   13時~16時 戌亥
12月2日(金)11時~14時 平野   14時~17時 大倉
12月3日(土)15時~18時 平野
12月5日(月)13時~16時 平野   16時~19時 大倉
12月6日(火)13時~16時 大倉
12月7日(水)16時30分~19時30分 平野
12月8日(木)16時~19時 大倉
12月9日(金)11時~14時 平野
12月10日(土)13時~15時 平野   15時~18時 大倉
12月12日(月)13時~16時 平野
12月13日(火)16時~19時 平野   11時~14時 大倉
12月14日(水)13時~16時 平野
12月15日(木)15時~18時 大倉


☆自己紹介☆
平野 祐輔(ひらの ゆうすけ) 既卒・男性
最終合格先:国家Ⅱ種・国税専門官・神戸市役所・国立大学法人(京都大学)
趣味:野球、ボーリング
一言メッセージ:合格に向けて一緒に頑張りましょう!!

大倉 光弘(おおくら みつひろ) 既卒・男性
最終合格先:国税専門官・神戸市役所
趣味:スポーツ、読書
一言メッセージ:皆さんの不安が少しでも軽くなるよう、サポートさせていただきます☆

戌亥 良子(いぬい よしこ) 新卒・女性
最終合格先:国家Ⅱ種・国税専門官・裁判所事務官・神戸市役所・国立大学法人(神戸大学)
趣味:サッカー、F1観戦
一言メッセージ:どんなことでも気軽に相談してください。一緒に考えましょう♪