FC2ブログ

フリーター・40代・50代転職OK!公務員経験者採用枠 

カテゴリ:LEC公務員スタッフより

皆様、いかがお過ごしですか?
もう、2015年度も残りわずか・・・

「来年こそは公務員試験に合格したい!」
「公務員に転職したい!」
「今フリーターで将来が不安」

そんな思いをお持ちの方公務員には社会人経験者採用枠という
試験があるのをご存知でしたか~?

この試験は、すでに民間企業で3~5年程度勤務した人(社会人経験者)や概ね35歳までが
受験できる採用枠
です。民間企業で培った経験を市政で活かしてもらうべく
新規採用枠とは別に用意されている採用枠です。

その試験に合格するためには、やはり効率的な勉強をしないと
最終合格を目指すのは大変難しいです。
これは、過去に公務員試験に合格された社会人経験者の方は
皆さん口をそろえておっしゃっていました。

そこで、LECでは社会人経験者の方に特化した
新たなゼミを開講いたします!

フリーター・40代・50代・社会人経験者の方必見!!経験者ゼミ

このゼミは、経験者採用枠で必要な知識のみを
集中して勉強していただける内容になっております。

それに加えて・・・ご存知でしょうか?
関西の人気自治体である、神戸市役所や堺市役所では試験科目として
一般知能・時事・経験者論文・面接試験が課されます。
そ・こ・で!経験者ゼミのオプションとして更に
一般知能・時事強化オプション講座もご用意します!

公務員試験では、年々社会人経験者の方の採用が多くなり
受験する方も増加の傾向があり競争が激しくなっております。
だからこそ、年明けからのスタートがとても重要になってきます!
このゼミを受講し合格に向けてスタートしてみてはいかがでしょうか♪

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
≪2016年度向け経験者ゼミ≫

■担当講師
垣田 浩邦 LEC専任講師(添削担当)
上田 京一 LEC専任講師
八上 雅之 LEC専任講師

■実施日程
ブログ【画像スケ】

■カリキュラム
全12コマ 1コマ2.5時間
論文対策:6コマ
面接対策:4コマ
全体構造(戦略編):2コマ

■リアル面接シミュレーション
【1期生】4月開講・・・申込日~2016/12/31
本ゼミを受講の方は、期間中にリアル面接シミュレーション(模擬面接)をご利用いただけます。

■一般知能・時事強化オプション(税込)
【教養マスター】     KA16523  45,150円
【時事白書ダイジェスト】KA16526 18,200円
【合計】                  63,350円

■教材
講師オリジナルレジュメ※当日教室にて配布いたします。

■実施校
梅田駅前本校

■実施形態
通学のみ

■受講料
一般価格:¥60,000
16コース生価格:¥30,000
※添削(2回まで)料込みの価格となっております。

欠席フォロー制度については、全体構造(戦略編)論文対策のみ利用可能です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
★画像をクリックしたらご覧いただけます!★
経験者ゼミ【チラシ】

【12/26】今週のピックアップ! 

カテゴリ:【今日のピックアップ】K太郎からのご案内


こんにちわ。LEC公務員担当のK太郎です。

K太郎(はんこ入り)


週末,いかがお過ごしですか?
試験対策は,ずっと机に向かってばかりが全てではありません。
そこで,週末は軽く息抜きとして,1週間のニュースを振り返ってみたいと思います。
題して,「今週のピックアップ!」
土日に2件ずつ,時事問題として使われそうな話題を取り上げてみます。

---ここから今回の記事-----------------------------------------------



■政治
最高裁判決「夫婦別姓を認めない規定は合憲」

夫婦同姓を定めた民法の規定をめぐり、12月16日の最高裁判決で合憲とする初めての判断が示された。
判決理由として、結婚後に旧姓の通称使用が認められているため、婚姻で夫婦同姓になることにより名字を改めることに伴うアイデンティティの喪失は緩和されていることなどを挙げている。

■経済
来年度の税制改正大綱「軽減税率の導入盛り込む」

与党の自民党は、消費税率の引き上げに伴う軽減税率の導入などを盛り込んだ来年度の税制改正大綱を取りまとめた。
特に軽減税率に関する取扱いについては、2017年4月に引上げが予定されている消費税率に関連して、増税に伴う負担を軽減するため、一部の品目を対象に消費税率を8%に据え置くとしている。
軽減税率が適用される対象となる品目については、「外食」と「酒類」を除いた「生鮮食品」と「加工食品」、定期購読の契約を締結した週2回以上発行される「新聞」となっている。

LECロゴ