FC2ブログ

【6/6】本試験情報<ここまでの時事問題テーマ> 

カテゴリ:【採用情報】K太郎からのご案内

こんにちわ。LEC公務員担当のK太郎です。
K太郎(はんこ入り)
月曜日~金曜日まで、毎日公務員試験に関するニュースや、採用情報など、公務員受験生が知って得する情報を配信していきます。
取り上げてほしいネタや、公務員試験の疑問点などあれば、コメント欄から投稿をお願いします。投稿のあった内容に関しては、基本的に全て取り上げていきます。

---------------------------ここから今回の記事----------------------------------

こんにちわ。
今週末は国家専門職本試験です。
そこで、これまでの主な試験で出題された時事問題のテーマをまとめてみました。

国家総合職
No.28 自動車産業
エネルギー政策や自動運転、産業従事人口などが肢の内容です。

No.29 日本の雇用
最低賃金、障害者雇用、女性活躍、失業率、非正規雇用率と、
論文の問題意識にも使えるオーソドックスなテーマが並んでいました。

No.30 国際事情
災害支援、政府開発援助、ミレニアム開発目標、安全保障理事会決議、FTAがテーマとなっており、
社会科学の知識が活かしやすい内容でした。

裁判所職員
No.35 中東・アフリカの政治事情
イスラエル、イラン、南スーダン、サウジアラビア、ソマリアがテーマでした。
かなり細かい引っ掛けが目立っており、難易度は高かったです。
国家系で出るなら総合職No.30のような形で知識の一部が使われる可能性はあるでしょうか。

東京都Ⅰ類B
No.36 警察白書
No.37 民法改正
No.38 G20ハンブルク・サミット
No.39 2016年参議院議員通常選挙に関する判決
No.40 「新しい政策パッケージ」

元々かなり1つのテーマで掘り下げた形で出題する試験なので、
国家でこのままの形で出ることは考えにくいです。
ただ、No.40の内容を踏まえて、
子育て支援策や社会保障政策全般として問う可能性はありますし、
No.36の内容を踏まえて、
日本の安全を巡る情勢として、安全保障と併せて出してくることは考えられます。

東京都特別区
No.37 トランプ大統領のアジア歴訪
No.38 個人情報保護法改正
No.39 平成30年度税制改正の大綱
No.40 ノーベル文学賞

国家系ではノーベル文学賞が出ても肢の1個でしょう。
ノーベル賞という形での出題が東京都の文化でありましたが、
時事問題としての出題は考えにくいです。
税制改正については経済情勢の肢の一部としてこれらの内容が設けられる可能性はあるでしょう。
個人情報保護は昨今の情勢という形で問題になりそうですが、
法律だけで1問ではなく、情報漏洩の事象やコンプライアンス全般と併せて問題になりそうです。

LECロゴ