FC2ブログ

【6/12】本試験所感<国家専門職・数的処理> 

カテゴリ:【採用情報】K太郎からのご案内

こんにちわ。LEC公務員担当のK太郎です。
K太郎(はんこ入り)
月曜日~金曜日まで、毎日公務員試験に関するニュースや、採用情報など、公務員受験生が知って得する情報を配信していきます。
取り上げてほしいネタや、公務員試験の疑問点などあれば、コメント欄から投稿をお願いします。投稿のあった内容に関しては、基本的に全て取り上げていきます。

---------------------------ここから今回の記事----------------------------------

こんにちわ。
例年は少し先でくるような質問ですが、
早期実施試験で合格した方からよく受ける質問をいただきました。
(一部こちらで編集しました)

現在、ある受験先を受験しています。
地方自治体や国家一般職が第一志望なのですが、
他の公務員を辞退しなければ内定は出せないと言われました。
ここまで念押しされた上で内定を辞退するのはよいのでしょうか?
また、いつ頃であれば辞退が可能か教えていただきたいです。

まず、内定の辞退をするのがいいか否かでいえば構いません。
もちろん念押しの強さに応じて実際に辞退したときの怒られ具合は変わると思いますが、
少なくともそれ以上に何か責任を取らされたりすることはないです。
いつ頃まで、というのは特にないのですが、
出来るだけ早めに決めたほうがいいです。国家一般職なら最終発表が8月下旬ですから、
そこからあまり間を置かない方がいいでしょうね。ただ、時間がかかったら仕方ないです。

さて、一昨日に国家専門職の本試験が行なわれました。
難易度の感想についても色々報告をいただいておりますが、
今日・明日で教養系の内容について、
K太郎が一通り解いた上での感想をまとめたいと思います。
なお、A、B、Cは難易度評価ですが(Aが易問、Cが難問)、あくまでK太郎主観です。
現在LEC本試験分析を行なっていますが、こちらとは合致しませんのでご了承ください。

(6/12 13:24追記 総評を追加しました)

★ 国家専門職 数的処理
総合評価:前年並み
判断推理:前年並み
数的推理:前年比やや難化
資料解釈:前年比やや易化


昨年も決して難易度が低い問題ではなかったので、
楽になったとは思いませんが、概ね前年並みでいつものそこそこ面倒な国家公務員系の問題、
といった印象です。
判断推理はトータルでは前年並みとしましたが、昨年よりも難易度差のばらつきが大きくなったように思います。
数的推理は全体的には前年並みなのですが、一部難しくなったかも、と思える問題がありました。
その点では資料解釈の安定性が欠かせません。
相変わらず資料の出来が勝負を分ける、という印象を持っています。

12 B
論理式を作ることまでは難しくないのですが、そこからの肢検討がやや面倒だったように見えます。
命題、対偶をあわせて4つの論理式ができるはずなので、
そこから明らかに辿れないものを切っていくといいのでは?

13 B
"整理方法は比較的シンプルな対応関係です。
トラ、黒、白が1匹ずつ誰かの猫なので、
三毛とぶちの飼い主は決まります。
あとは白=かつお節が場合わけを考えるカギになるでしょう。

ところで猫に海苔って大丈夫なのでしょうか。むしろチーズがまずいのかな?
猫は腎臓やりやすいと聞いた記憶があるのですが。"

14 A
位置関係としては比較的難易度は低めです。
前後・左右で当てはまる人物が決まっていきます。
あと、2人ずつ3組の並び順が決まりますが、
そのうち1組だけ5番目、6番目という形で確定するので、そこから言えるものを挙げればOK。
席の配置は(多分)2通りできるんじゃないでしょうか。

15 A
比較的情報量は多いので、○×を埋める難易度は低いはず。
2つめの条件でA・C、E・Dの異動のタイミングが分かりますが、
これが26年・27年で発生しているのか、27年・28年で発生しているのかの比較ができれば、
埋め合わせが楽になります。
ここを勝手に絞り込むと、答が複数でてきてしまうはず。

16 C
かなり難易度は高いです。
時間の変化とチャンネル・番組を整理するのですが、
切り替わりのタイミングの読み取りも難易度が高く、
典型的な残り時間を全投入するタイプ。
先に解こうとすると他の時間がなくなるはずです。

17 B
表2を使えば、6が2.4としかつながっていないことがわかり、
これを使えば、表1がで2-4のつながりがないことがわかります。
ここから、1-2.2-3のつながりが確定します。
整理する時には2×3のマスだけ作って、1が角に入るか真ん中に入るかを場合分けすれば、
ピースの組み合わせ方がそれぞれ決まるので、表と矛盾無くあてはまるものを選べばOKです。

18 B
網掛けの面積を考える前に、
頂点を同点として何種類の軌跡が描かれるかを確かめたほうが早いのでは?
一番最初の図で左側にある頂点は4種類の軌跡が描かれるので、
この時点で選択肢が1,2だけに絞れますよ。

19 B
黒い四角形に着目すると、
逆に白い部分が綺麗に1マス分、2マス分になっていないことに気づくのでは?
こうすると、頂点と頂点を結ぶ斜辺が一辺となっている白い部分の推測がつきます。
あと、基本は消去法なので、
スタートの形に合致している肢5は立てると白い部分がなくペンキが塗られることが想定可能です。
回転させることにも注意。

20 A
単純な確率の問題です。
MAXが25点で1回3~6が出るたびに、加点を失い、減点が増えるということで、
5+3=8点減らされることが分かれば、
5点が3回、-3点が2回と判断つけられるはず。
あとは組合せを使うだけ。

21 C
∠BDA=60度というところから、
ADを一辺とする正三角形を作れるかどうかが勝負です。
また、三角形が絡んできた場合、一般的に使えるのは三平方の定理か相似なので、
それを参考に直角三角形を作ってみると、長さを判断しやすくなるのでは?
図形の勘所の有無が正誤を分ける問題に思います。

22 C
やっていることは単純なのですが、これをどう情報整理するかが難しい問題です。
最後のラベルの番号を確認すると、44が1枚だけか2枚あるか分かるので、
それに基づいてカウントすればいいでしょう。

23 B
m(m-1)+n(n-1)と整理するのがセオリーなのですが、
この問題であれば、いっそm、nに具体的な数字を突っ込んでしまったほうが早いかも。
M<Nであることを忘れないで。

24 B
中央値という言葉に戸惑った方もいるかもしれません。
基本的には整数の問題で、いくらの金額が入りうるかを各人で整理します。
3番目の条件が「差」とあるので、C>D、C<Dの双方があることを忘れないで。

25 A
下の図をみたら非常にスムーズに解ける問題です。
肢1が正解ですから、さっさと次に行ってしまうべき問題でしょう。
ボーナス問題に近いです。

26 A
実数が絡んでくるので難しそうに見えますが、
概数で計算するよりは変化率に着目したほうが確実に解けるでしょう。

27 A
数字が多数でてくるので
今見ている項目が妥当か否かをチェックすることを忘れないでください。

明日は知識系についてまとめます。


LECロゴ