FC2ブログ

【梅田】アドバイザーに聞いてみよう(^^)/~質問にお答えします~ 

カテゴリ:梅田駅前本校からのお知らせ

こんにちは、梅田アドバイザーの上田です(´∀`*)
11/23の第2回HRにご参加いただきました皆さん、ありがとうございました。
主要科目以外の専門科目・教養知識科目の学習法、少しでもご参考になれば幸いです(*^^*)
では、今回もアンケートでいただいたご質問に、アドバイザーがお答えします!

○面接で答えに詰まったことはあったか?答えに詰まるような質問はあったか?もしあったらどう対応したか?
(中井)
答えに詰まる質問があった際は、「お時間いただけますか」と一言断って、少し考えてから答えるようにしていました。
ただ面接対策の時点から、回答をがちがちに作ってしまうと想定外の質問に対応しづらくなると思ったので、元からある程度はその場で考えて答えるようにしていました。

○勉強が思うように進まず不安になることがよくあるが、そんなときどうしていたか?
(塚田)
公務員試験はやることが多く、そういった状況になることはよくありますよね。
そんな時は、今やっている問題は次やらなくてもいいくらいしっかり覚えるぞ!と気合いを入れ直して勉強していました。
勉強できる時間が短いと焦ってしまいがちですが、そんな時こそ落ち着いて着実に頭に入れていくよう意識しました。
また、先生やアドバイザーに相談することで、新しくスケジュールを立て直したり調整をして対応をしていました。

○学系科目、教養科目の授業を受ける時期と演習の時期は空いていいのか?
(上田)
「空いていていいのか」という質問にお答えすると、<教養知識科目>はとりあえず講義を受けて内容をかじるというスタンスで、演習は直前期でもよいと思います。
ただ、内容が教養よりも複雑で、ある程度全体を網羅する必要のある<学系科目>は、講義と演習を並行してやるほうが、効率よく勉強できるかと思います。

○勉強するに当たって工夫した点はあるか?
(中井)
飽き性なので、一日に複数の科目を勉強するようにしていました!そうすることでだらだらせず効率よく勉強することができました。
また科目ごとに関しても、奇数/偶数番号のみ解くなど1周のサイクルを短くするようにしていました。

○国税を受けるにしても、併願なら会計学と経営学の両方はしなくてよいのか?
(上田)
会計学は必須解答科目で、他に選択科目(その中に経営学があります)を選ぶ必要があります。
すなわち、試験当日は経営学でなくても、会計学以外の何かしらの科目を選択して解くことになります。
具体的な科目はHRレジュメをご覧ください。
ただ、あくまでも併願先として志望度が高くないということであれば、どの程度手をつけるかは他の科目の進捗次第かと思います。

○国家総合職の記述対策について、どのように勉強を行っていたか?
(中島)
今年度の梅田アドバイザーには総合職の記述対策をしていた者はおりません…。
ただ、裁判所や専門職の専門記述と大きくは変わらないと思うので、憲法を例に話します。
よく問われている主要なテーマ、例えば政教分離などであれば、どのような判断基準か、判例の結論の違い、原則と例外がどう違うか、などを書き出し論述し易いようにプロットを作っていました。
はじめの頃は、そのプロットを見ながら何回か実際に答案を書いてみて、論理立てて書ける様に、判断基準などを暗記できる様にしていました。
事例問題については、何が問われているか(例えば、表現の自由or政教分離or両方とも等)をちゃんと書かなくてはいけないので、問題文から読み取る練習も必要かもしれません。
一朝一夕で身につく様なものではないので、少しずつ継続して、判断基準や判例を覚えたり、論文の書き方を磨く必要があると思います。
慣れてきたら時間内にかけるかどうかも試してみてください。

○現在働きながら勉強しています。年末年始、LECやお店が閉まっているときどこで勉強していたか?
(中島)
働きながらの勉強お疲れ様です。LECやお店が閉まっているとき・・・自宅以外となるとなかなか難しいですね(苦笑)
駅構内や、駅近くのファストフード店、ス○バ、ド△ールなどは大学受験期でも使っていたので、年末年始でも開いているところを探してみてください。
しかしながら、年末年始は人が多く、お店や時間帯によっては騒がしいところも多いので、探すのは大変かもしれませんし、風邪をもらいやすいので気をつけてください。
私は自宅に人が沢山いて勉強に集中できない、自習できる環境が確保できないという時は、友人と出かけて息抜きをしたり、面接ノートのための他己分析などに付き合ってもらっていました。
年末年始は多くの人と会える良い機会でもあるので、座学の勉強だけでなく、面接のネタ集めにも励んでみてください。

(中子)
毎日お疲れさまです。なかなか時間がなく、他の人に比べて焦りがいっそうあるかと思います。
働いているとき、私は家のすぐ近くのマ○ドでよく勉強していました。開店時間が長いこともありますが、私は周囲が少しくらいざわざわしている空間のほうが集中できる性質だったので。
ベロー○ェもコーヒーの価格が他店に比べて低く、よく使っていました。笑
一人で部屋にこもるとだらけることもあったので、家族がいるリビングでも問題を解いたりしていました。
ただ、中島さんもおっしゃるとおり、年末年始はたくさんの人と会うチャンスです。
地元に帰ってきた同級生や親族と会い、自分の長所や、そう思うきっかけとなった具体的なエピソードを聞いてみるのもいいかもしれません。
公務員試験を目指しているというと、「なんでいきなり?」「どんな仕事がしたいの?」と質問されることもあり、自分の志望動機を言語化できる機会でもあります。
時間が取れる年末年始に座学をたくさんやっておきたいということももちろんですが、息抜きを兼ねて面接対策もおすすめです。
体調にお気をつけて、勉強がんばってくださいね。

【11/29】国家一般職業務紹介①<近畿経済産業局、近畿農政局> 

カテゴリ:【採用情報】K太郎からのご案内

こんにちわ。LEC公務員担当のK太郎です。
K太郎(はんこ入り)
月曜日~金曜日まで、毎日公務員試験に関するニュースや、採用情報など、公務員受験生が知って得する情報を配信していきます。
取り上げてほしいネタや、公務員試験の疑問点などあれば、コメント欄から投稿をお願いします。投稿のあった内容に関しては、基本的に全て取り上げていきます。

---------------------------ここから今回の記事----------------------------------

こんにちわ。
さて、12月を前にしてLECではKフォーラムも始まります。
このあたりから国家一般職志望者も具体的に興味がある官庁を絞り込んでいく段階となります。
大学単位の説明会としても、出先機関のものが多くなってきていますが、
どんな官庁がどういう仕事をするのかは事前にわかりにくいものも少なくありません。

そこで、ある程度採用数のある官庁や相談を受けやすい官庁を中心に、
大雑把ではありますが業務内容や異動のあり方をまとめてみました。
ちょっと参考にしてください。

1日に2つずつ、一週間で8個紹介する予定です。

① 近畿経済産業局

平成30年採用予定数:11名


近畿経済産業局は,経済産業省の地方支局として、
福井県を含む近畿2府5県の産業振興のための様々な施策を実施している。
産業人材の育成や,地域活性化,伝統工芸の技術向上支援,エネルギー行政の管理など,
産業振興にかかわるものであれば,その範囲は非常に幅広い。

近畿経済産業局に採用された場合,
主に大阪の本局で勤務するが2~3年サイクルで担当業務が変わる。
また,若手のうちに本省に2年程度研修出向する。

http://www.kansai.meti.go.jp/sesaku.html

具体的な業務分野はこちら。
地方公務員志望者でも経済振興をメインに据える人はかなり多くいるので、
関心の幅を広げるのは比較的楽なのでは?

② 近畿農政局

平成30年度採用予定数:8名


近畿農政局は農林水産省の近畿地方における総合地方機関として,近畿2府4県を管轄している。
具体的には,近畿地方の農業や農村の実情を踏まえつつ,
日本国内でも屈指の大消費地である京阪神地域を含む近畿地方全域に,
安全で良質な農産物および食料品を供給するため,様々な施策を行っている。

採用後は,農政局本局,各府県にある農政事務所,
および近畿管内各所に設置された国営事業(事務)所のいずれかに配属され,2~3年で異動が行われる。

本局での業務は,
人事・予算などの庶務のほか,農政の企画立案や食品流通・消費の安全確保のための調査・指導,
農村活性化のための支援・助成などである。
農政事務所では,食品の表示価格が適正かどうかの調査・是正・監視,食育など食料自給率向上に関する業務,
米政策,統計調査などの業務を,
国営事務所では,農業・農村整備事業の調査・計画・指導・助成,
国営事業のための用地調査や用地買収などの業務を行う。

管内の事務所は以下のとおり。
http://www.maff.go.jp/kinki/seibi/sekei/kokuei/index.html

農林水産業を管轄する関係である程度地方部に異動するケースも起きます。

LECロゴ