FC2ブログ

【梅田】1月後半アドバイザー進路相談のお知らせ 

カテゴリ:梅田駅前本校からのお知らせ

☆★1月後半アドバイザー進路相談のお知らせ★☆

みなさんこんにちは!梅田バイザーの亀井です(・ω・彡 )з
そろそろ期末テストで忙しくなる方も多いのではないでしょうか・・・
インフルエンザも流行しはじめているようですので、体調には十分気をつけてくださいね!!

さて、1月後半アドバイザー進路相談の予約を、
1月15日(水)17:30~開始いたします!

春休みの計画の立て方や志望動機の書き方などについて困っていませんか??
また、そろそろ専門記述や教養記述を勉強しようと考えているそこのあなた!!
どれも自己流でやろうとするのは非常に危険です!!
一度経験者に話を聞いてから始める方が効率が良いと思いますよ!

予約台帳は、梅田駅前本校5階受付にございます。
当日も、5階相談ブースまでお越しください。

アドバイザー一同、皆さまのご予約を心よりお待ちしております!


1月後半

【神戸】担任進路相談 1月後半のお知らせ  

カテゴリ:神戸本校からのお知らせ


LEC神戸本校より、
1月後半の担任進路相談のお知らせです!


予約開始日は、1月13日(月)18:30 からです!

1月後半担任進路相談 画像

コース生でゼミをお申込の方は、ゼミ生枠で1つ、コース生枠で1つ予約が取れます。
「担任講師進路相談」は、LECコース受講生の方々が利用できる受講生限定の無料フォロー制度ですので、積極的にご利用ください(2020年・2021年受験向けの通学コース受講生&通信コース受講生のどなたでもご利用できます)。

ご予約は、LEC神戸本校事務局(受付)デスクに設置されております「予約受付表」に
Lカード№・氏名をご記入ください。(お電話でのご予約はお受けしておりませんので、予めご了承くださいませ)ルールを守ってご利用下さい。(利用対象以外の方のご予約が判明した場合は、窓口にて予約を解除させていただきます。予めご了承下さい。)

ご相談内容は、学習スケジュール管理や併願方法・エントリーシート添削やモチベーション維持法etcなんでもご相談下さい!

【1/10】能力試験について<社会人基礎試験> 

カテゴリ:【採用情報】K太郎からのご案内

こんにちわ。LEC公務員担当のK太郎です。
K太郎(はんこ入り)
月曜日~金曜日まで、毎日公務員試験に関するニュースや、採用情報など、公務員受験生が知って得する情報を配信していきます。
取り上げてほしいネタや、公務員試験の疑問点などあれば、コメント欄から投稿をお願いします。投稿のあった内容に関しては、基本的に全て取り上げていきます。

---------------------------ここから今回の記事----------------------------------

こんにちわ。
今日は社会人基礎試験について紹介します。

[社会人基礎試験]
公益財団法人 日本人事試験研究センターが実施している能力試験で、
従来の40問・120分の教養試験に代わる、負荷の軽い試験を実施しようということで、
2013年から導入された新形態です。
自治体によっては「職務基礎力試験」という名称で実施されているところもあるようで、
兵庫県朝来市、奈良県橿原市、奈良県天理市、京都府京丹後市などで実施が確認されています。

難易度的にはSPI以上教養試験以下と考えておけばいいでしょうか。
・社会的関心と理解について問う分野
・言語的な能力を問う分野
・論理的な思考力を問う分野

の3つからなり、それぞれ公務員試験における社会科学、文章理解、数的処理に該当します。
特徴は制限時間が90分とSPIよりは長く、教養試験よりは短いこと。
問題数については75問です。
なお、新教養試験のLightの場合も、分野構造は上記と同じ、制限時間が75分で問題数が60問なので、
難易度的にはそこまで変わらないのでは?と考えられます。

社会人基礎試験の場合、この3つのジャンルはほぼ均等に出題されることになっているため、
どの分野が特にウェイトが高いということはありません。
しっかりと取れる分野で稼いでいく、という姿勢が大事になってきますが、
どのみち満点取れる構造になっていないのはほかの試験と同じなので、ある程度幅広く手をつけておくことが大事となります。

社会人基礎試験とあるように、
出題者側は社会人経験者を想定していると考えられますが、
一般的な基礎能力を試すという意味で、大卒程度試験で用いられています。
関西圏以外の自治体でも同様の実施例はある程度あるようですね。

なお、昨年から新教養試験として実施されている形態のひとつであるLightと、
制限時間や問題数には違いがありますが、
ジャンル構成や4択という点は同じです。

公益財団法人 日本人事試験研究センターは、地方公務員試験の問題を幅広く作成している団体なのですが、
近数年でこの試験のほか、一昨年制度変更した新教養試験、さらにはBasicと呼ばれる新形態の試験も実施予定となっており、
今あるこの試験形態がどこまで定着するか、広がりを見せるかはちょっと不明です。