【8/24】本試験結果<財務専門官最終発表> 

カテゴリ:【採用情報】K太郎からのご案内

こんにちわ。LEC公務員担当のK太郎です。
K太郎(はんこ入り)
月曜日~金曜日まで、毎日公務員試験に関するニュースや、採用情報など、公務員受験生が知って得する情報を配信していきます。

取り上げてほしいネタや、公務員試験の疑問点などあれば、コメント欄から投稿をお願いします。
投稿のあった内容に関しては、基本的に全て取り上げていきます。

---------------------------ここから今回の記事----------------------------------

こんにちわ。
今日は財務専門官の最終結果速報を行います。

★ 財務専門官 最終結果

申込人数:4546人
1次合格者数:1029人
最終合格者数:528人


1次試験ボーダーライン:標準点307点
1次試験ボーダーライン素点換算:教養+専門×1.02が49.5点以上
(ただし教養26点、専門23点は1次合格)

最終合格ボーダーライン:標準点551点
最終合格ボーダーライン素点換算:教養+専門×1.02が53.7点以上


基礎能力試験の平均点が国税専門官より2点近く、
専門試験については3点以上上回っています。
専門試験は問題構造が同じではないので一概には言えないのですが、
基礎能力試験については受験生レベルの違いと言い切ってよいでしょう。

こちらも下の画像で1次ボーダー、最終ボーダーの関係を確認することができます。

zaimu0822-1.png

標準点換算の表の見方は他の試験と同じです。
1次試験ボーダーであれば黄色にかかっていればよいのですが、
最終ボーダーとされる論文平均、面接Cを前提とすると緑か赤の領域にいなければなりません。
4点ほどの差がボーダーラインの間で存在しており、
1次を突破しただけでは解決にならない、という状況を如実に表しているといえそうです。



今年は論文の上下差がかなりついているのも特徴です。
標準偏差が20近くに達しているため、足切りを食らった人も例年より多かったのでは?
計算上は11~12%の人が足切りをくらっている計算です。

zaimu0822-2.png

面接試験については国税専門官よりは足切りは少ないようです。
というより国税専門官が多すぎという気がしますが。
約14%、7人に1人が足切りという計算になるため、職場訪問を意識しすぎるあまり人事院面接がおそろかになっていると、
思わぬ状態で足元をすくわれるという結果になりかねません。

明日以降は国家一般職に戻り、教養試験・専門試験の動向、
専門職の教養試験・専門試験もお伝えします。
技術系や法務省専門職もまとめていきますよ。


LECロゴ

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)