【10/5】試験情報<地方上級・法律系②> 

カテゴリ:【採用情報】K太郎からのご案内

こんにちわ。LEC公務員担当のK太郎です。
K太郎(はんこ入り)
月曜日~金曜日まで、毎日公務員試験に関するニュースや、採用情報など、公務員受験生が知って得する情報を配信していきます。

取り上げてほしいネタや、公務員試験の疑問点などあれば、コメント欄から投稿をお願いします。
投稿のあった内容に関しては、基本的に全て取り上げていきます。

---------------------------ここから今回の記事----------------------------------

こんにちわ。
昨日に引き続いて、今日は法律系の2日目と参りましょう。

③ 民法

総論からは虚偽表示や権利能力のない社団が出ているようです。
あとは取得時効も出ていますね。
共有については不動産で管理のあり方や分割請求の可否などについて出ています。
物権では地上権や留置権が問題になっているようです。留置権は不可分性や留置物の転貸の可否が論点の模様。
債権では危険負担はわかっているのですが、他の部分については情報収集中です。
家族法も1問出てくることが多いのですが認知が論点になっているようです。

ちょっと論点不明の問題があるので、そこの内容が判明すればもう少し正確な頻出度の判断ができるのですが。

④ 刑法

裁判所職員を併願する方であれば選択する方もいると思います。
あとは、京都府庁であれば必須回答で3問あるので選ぶ人も少なくないかと。
責任能力が総論として出ており、
各論としては住居侵入罪や暴行罪・強盗罪をセットにした問題が出ているようです。
地方上級では多いところでも3問なので、おそらくこれで論点はすべて網羅できているのではないかと。

⑤ 労働法

労働者の概念、不当労働行為、労働時間が論点になっています。
こちらは労働基準監督官併願者以外でも選んでいる方が少なくないのでは?
ただ、長期計画で学習している方はあまりいないと思います。
労働基準監督官の場合、細かい内容に入り込んでくるケースも多いのですが、
地方上級の場合はあまり深入りしたものは多くありません。
意外と直前期の整理で1問2問拾えることも多いので、
年明け以降どの段階で科目を増やすか、という計画になるでしょう。


LECロゴ

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)