【12/12】警察官試験情報<併願プランの組み方> 

カテゴリ:【採用情報】K太郎からのご案内

こんにちわ。LEC公務員担当のK太郎です。
K太郎(はんこ入り)
月曜日~金曜日まで、毎日公務員試験に関するニュースや、採用情報など、公務員受験生が知って得する情報を配信していきます。

取り上げてほしいネタや、公務員試験の疑問点などあれば、コメント欄から投稿をお願いします。
投稿のあった内容に関しては、基本的に全て取り上げていきます。

---------------------------ここから今回の記事----------------------------------

こんにちわ。
まずは国家一般職の解説から。

4 スペインは,フェリペ2世の下で全盛期を迎えていたが,支配下にあったオランダが
独立を宣言した。イギリスがオランダの独立を支援したため,スペインは無敵艦隊(ア
ルマダ)を送り,イギリス艦隊を撃滅し,オランダ全土を再び支配下に置いた。


無敵艦隊=スペイン敗北で終了です。
また、17世紀になってからの話にはなりますが、オランダは最終的に独立を果たしているので、
全土を再び支配下に置いた、の記述もおかしいですね。

さて、警察官試験に関する案内です。

警察官の採用を目指す方の中には、
① 特定の都道府県以外目指すつもりはない
② 警察官であればどこでもいい
③ 公安職であれば広く見る

という形で、色々な働き方を考えるケースがあります。
その場合、どのような受験プランを組めるのでしょうか。

①の場合ですが、
基本的に大卒男性であれば、年に2回の採用試験をやっているのが一般的です。
女性については年2回実施のところが増えてきていますが、
一部年1回というところもあります。

警察官試験の実施時期は、大きく分けると5月、7月、9月で、
関西の場合は2府4県bのいずれも5月に春試験、9月に秋試験という実施形態です。
試験問題の難易度は変わりませんが、多くの場合秋試験のほうが人数が少ない傾向にあります。

なお、中部地方にいくと1回目の試験が7月というところもあり、
九州などごく一部ですが10月に2回目の試験を実施するところもあります。

5月は2週目に行われるのが一般的で、
暦通りであれば来年は5月14日でしょうか。裁判所職員と被りますが、あまり併願する人はいないかな?
9月は3週目に行われるのが一般的で、
この数年は市役所C日程の一次試験と重なっています。


警察官であれば幅広く見るという場合、
積極的に選択肢に入ってくるのが警視庁です。
例年4~5月、9月、1月と3回の採用試験があり、
しかも他の道府県警察と重なることもありません。
なお、試験として教養試験、論文試験のほか、国語試験がある点には注意してください。
漢字の読み書き30問ずつで、レベルとしては漢字検定2級が目安です。
なお、今年は大阪府警が5月の1週目に行われており、
警視庁と大阪府警の併願ができなかった代わりに、大阪府警と他の県警の併願は可能でした。


公安系として筆頭に上がるのは消防だと思います。
消防は東京消防庁が例年5月末と8月末。
市役所消防は市役所A、B、C日程を中心に行われます。
試験問題としては消防の問題のほうがやや上です。

したがって、警視庁・春秋警察官、市役所A・B日程消防を併願すれば、
年間で7回の受験機会を確保できます。東京消防庁を含めれば9回ですね。




LECロゴ


コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)