【1/31】試験情報<2016年論文試験課題まとめ> 

カテゴリ:【採用情報】K太郎からのご案内

こんにちわ。LEC公務員担当のK太郎です。
K太郎(はんこ入り)
月曜日~金曜日まで、毎日公務員試験に関するニュースや、採用情報など、公務員受験生が知って得する情報を配信していきます。

取り上げてほしいネタや、公務員試験の疑問点などあれば、コメント欄から投稿をお願いします。
投稿のあった内容に関しては、基本的に全て取り上げていきます。

---------------------------ここから今回の記事----------------------------------

こんにちわ。
まずは国家専門職の本試験課題から。

5.江戸時代の初期,徳川家康は朝廷を監視するため京都守護職を設置するとともに,大
名の中から武家伝奏を任命して朝廷と幕府の間の連絡役とした。さらに,家康は禁中並
公家諸法度を制定して天皇の生活にまで規制を加えるとともに,朝廷の経済的基盤を弱
体化させるために天皇の支配地である禁裏御料を没収するなどした。


近世日本史の超基本的引っ掛けワード、京都所司代=江戸初期、京都守護職=江戸末期
という判断で切れる問題です。
武家伝奏は公家から任命されていますし、禁裏御料の没収も事実と異なりますが、
このあたりは大枠の流れからすると細かい部分かと。覚えている必要性もあまりないと思います。

さて、地方自治体の採用案内もそろそろ更新が始まる頃ですが、
ここで私達が入手している国家公務員系、地方公務員系の論文課題をちょっとまとめたいと思います。
K太郎の独自評価で5段階で難易度もつけました。
なお、受験生情報によるものもありますので、そこは文章が実際のものと異なっている可能性があります。
ご了承ください。

① 裁判所職員
近年、人工知能の開発が目覚しい速度で進んでいるが、
人工知能が社会に及ぼす影響と課題について、具体例を挙げながら述べなさい。


難易度:★★★★★

今年聞いている範囲内では一番難易度が高いと思います。
何が課題か、というのをイメージすることすらできなかった人も少なくないのでは?
例年裁判所職員は社会人としてのあり方や働き方という論点が続いており、
その傾向に則って書くのが一番守りに入った記述法だとは思います。

② 東京都Ⅰ類B
(1) 別添の資料を参考に、東京において、誰もが安心して快適に利用できる交通を実現していくために、
あなたが重要と考える課題を、200字程度で簡潔に述べよ。

(2) (1)で述べた課題に対して、都はどのような取り組みを進めるべきか。あなたの考えを述べよ。

難易度:★★★

資料が2つありますが、両者を接続するのはそれほど難しくありません。
キーワードも重なっていますし、複数を提示できるので、書きやすいものを選べたのではないでしょうか。
交通インフラが必ずしも重要な関心事でなかった受験生でも、
高齢化、観光、防災など、別分野からの関心を引き込むことが可能だったので、
筋の通ったものは書きやすかったと思われます。


③ 大阪府庁(22-25)

わが国の人口は、2008年をピークとして人口減少局面に入りました。国立社会保障・人口問題研究所の推計(出生中位・死亡中位推計)によると、現状のままのペ
ースでは、2050年には人口が1億人を割り込み、2100年には約5,000万人(参考推計)まで減少するとも推計されています。
 これについて、次の(1)から(3)の問いに答えなさい。

 (1) 人口減少の大きな要因である少子化をもたらすもののひとつに、未婚化・晩婚化の進行があげられます。未婚化・晩婚化が進行している背景としてどのような ことが考えられるか、具体的に3つ挙げ、説明しなさい。
 (2) このような人口減少の動きは、わが国の社会経済にどのような影響を与えていくと考えられるか、具体的に説明しなさい。
 (3) 人口減少に歯止めをかけるためにどのような取組みが必要か、あなたの考えを具体的に述べなさい。

難易度:★★

きわめてオーソドックスな課題です。
論点の想起が不要な分、課題文の指示に従いながら論点を整理していけばまず間違いは起きません。
人口減少社会の論点自体がかなりポピュラーなので、普通の準備を普通にしている受験生であれば、
変な論文にはならなかったのでは?
思いつくのが難しかったのは(2)かもしれませんが、そこも一般的な問題意識で十分です。

④ 京都市

人と関わって成し遂げたことで難しいと感じた経験


難易度:★★★

京都市おなじみの過去の経験に関する課題です。
他地域の人であればともかく、京都市志望者であれば必ずといっていいレベルで準備できるものです。
最近は困難や失敗にどう対応したのか、という論点が目立っていますね。

⑤ 奈良県庁
Uターン・Iターンが多くなっており奈良県もその傾向にある。
奈良県の強みと問題点を挙げ、どういったものをターゲットにした施策を展開できるか、どのような効果が見込まれるか、挙げよ。


難易度:★★★★

強みと課題は志望者であれば必ず押さえておくべき点でしょう。
問題は、施策の展開です。移住者を呼び込むという目的意識はともかく、
その手段として何ができるか、はある程度行政の取り組みを考えられていないと厳しいのでは?
過疎化が進んでいるところであれば、最も興味を持つ取り組みかどうかは別にして、
人や物をどう集めるか、という論点に関心を払っておくことは必要ではないでしょうか。

LECロゴ

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)