【2/3】採用情報<国家一般職採用人数> 

カテゴリ:【採用情報】K太郎からのご案内

こんにちわ。LEC公務員担当のK太郎です。
K太郎(はんこ入り)
月曜日~金曜日まで、毎日公務員試験に関するニュースや、採用情報など、公務員受験生が知って得する情報を配信していきます。

取り上げてほしいネタや、公務員試験の疑問点などあれば、コメント欄から投稿をお願いします。
投稿のあった内容に関しては、基本的に全て取り上げていきます。

---------------------------ここから今回の記事----------------------------------

こんにちわ。
まずは国家専門職の本試験解説から。

3 ヨーロッパにおける三十年戦争の激化により,戦局はしだいに植民地側に有利になり,
18 世紀末,イギリスはウェストファリア条約でアメリカ合衆国の独立を承認した。その
後,人民主権,三権分立を基本理念とする合衆国憲法が制定され,初代大統領にワシン
トンが就任した。


そもそも三十年戦争は17世紀、アメリカの独立は18世紀の話なので年代がずれています。
また、アメリカ合衆国の独立承認はパリ条約ですね。

さて、2月1日に色々な情報が出てきました。
特に皆さん注目なのが、採用予定人数及び前年比だと思います。
今後変更可能性もあるのですが、現時点での採用予定人数についてお伝えします。

今日は国家一般職。
週明けて専門職や総合職も紹介していきます。

★ 国家一般職

今年の採用人数は以下のとおりです。
行政
北海道 170(+30)
東北 170(+20)
関東甲信越 700(+80)
東海北陸 270(+0)
近畿 330(+30)
中国 150(+30)
四国 90(+10)
九州 240(+30)
沖縄 60(0)

本省採用 430(-80)


本省採用だけが大幅に落ち込んでいるのですが、
他は軒並み増加です。東海北陸、沖縄以外はいずれも増えています。
近畿も1割増ですね。昨年よりはやや戦いやすくなるのでは?
本省は逆に少し厳しい戦いになりそうです。
本省オンリーで攻める方はそこまで多くないかもしれませんが、
官庁訪問時に少し大変になるかも。
ある程度広めに官庁の志望範囲を広げるようにしてみてください。

技術系についても見てみましょう。

電気・電子・情報 210(-30)
機械 110(0)
土木 330(-20)
建築 50(-20)
物理 130(0)
化学 50(0)
農学 80(0)
農業農村工学 50(+10)
林学 80(+10)


電気・電子・情報、土木、建築が結構落ち込んでいますね。
建築は前年も前々年比で3分の2くらいになっているので、
2年前と比べるとほぼ半分になってしまいました。
技術系で競争が激しくなりがちなのは化学と農学なのですが、
こちらは増減なし。ほぼ例年通りといったところでしょうか。




LECロゴ


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)