【梅田】ES作成は順調ですか?&本試験日程のお知らせ 

カテゴリ:梅田駅前本校からのお知らせ

みなさんこんにちは(^-^)/
梅田駅前本校アドバイザーの柏井です!


みなさん!自己分析、ES作成は順調ですか?

筆記試験・論文対策に追われている気持ちは十分に分かります。
しかし、公務員試験はそれらだけでは内定を勝ち取ることは出来ません。

就職試験である以上、最後は面接で内定を頂けるのかどうかが決まります。

1日に2時間~3時間も時間をとって対策しろというわけではありません。
1回に20分~30分くらいでいいんです(^^)

柏井は自己分析をはじめてから、最初に仕上げた神戸市のESを完成させるのに約3ヶ月かかりました。

神戸市の場合5月に提出なので、もし皆さんが今から始めて3ヶ月かかるとすると、もう時間の余裕はあまりないと思います。

国家では面接当日に持参する場合が多く、提出時期は7月頃になるので余裕があるように見えますが、4~6月の筆記試験直前~本番の期間にESの作成に追われていると、勉強にも集中できません。
中でも裁判所事務官なんかは、1次試験合格発表後すぐに面接試験が始まるため、面接カード作成の準備期間も多くは取れません。

僕自身、ES・自己分析をもっと余裕を持って対策すればよかったと後悔したので、みなさんは内定までの道のりを見据えて、早めに準備するようにして下さいね\(^o^)/



さて、話しは変わりますが国家専門職の試験日程が発表されました。

ここで他の試験種も合わせて書いておきますのでチェックしておいて下さいね( ^ω^ )


国家総合職:4月30日
東京都Ⅰ類B、東京都特別区:5月7日
東京都Ⅰ類A、裁判所職員:5月14日


ここから国家専門職まで3週間ほど開くのが今年の注意点だと思います。
ここまでの本試験の結果を受けての修正や確認、会計学など専門職以降しか使わない科目の追い込みなどをこの期間でしてほしいですね!

国家専門職(国税専門官、財務専門官、労働基準監督官など):6月11日
国家一般職:6月18日
地方上級:6月25日
市役所B日程:7月23日
市役所C日程:9月17日


筆記・論文・面接など、内定するために準備が必要なものの多さに気付き不安になっている受講生を最近は多く見かけます。
それは進むべき道をしっかり進んでいて、やるべきことの全体像を自分の視野に捉えられる段階まで来たからです。
頑張っているからこそ、模試の結果に一喜一憂したり、不安になったりするんだと思います。

ただ、不安なまま勉強するのも辛いと思うので、誰かと喋ったり息抜きも入れながら頑張って下さい(´∀`)


最近寒暖の差が激しいので体調にも気をつけて下さいね(^-^)/

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)