【梅田】第10回 アドバイザーに聞いてみよう♪ 

カテゴリ:梅田駅前本校からのお知らせ

皆さんこんにちは!梅田アドバイザーの永田です★
第10回<アドバイザーに聞いてみよう♪>のコーナーです\(^o^)/

1月HRで皆さまから寄せられた質問にお答えしていきまーす!

①過去問演習はいつから、どのくらいのペースで取り組めばいいですか?

永田:私は2月頃から過去問演習を始めました。4月中には、裁判所・国般・国税の過去問それぞれ8年分を解き終えました。その後は、本試験まで過去問演習で間違えた問題を解き直していました。
いつから、どのくらいのペースでというのは、その人の状況やどれだけ過去問を演習するかによって変わると思います。余裕がない人でも、教養の過去問演習はやった方がいいと私は思います。教養試験は時間が短く、限られた時間の中で問題を解く練習をした方がいいと思うからです。
本試験から逆算して、間に合うように計画的に解き進めていってくださいね!!


②教養論文・専門記述の対策にはそれぞれどれくらい時間をかけてやっていましたか?

宮崎:教養記述は道場のみでそれ以外には特に対策はしていませんでした。1、2回よくある論点について箇条書きでまとめて先生に添削してもらったくらいです。ただ地方を受ける方や論文を確実に取れるようにしたいという方は政策を調べたりする時間も必要になってくると思います。
専門記述は毎日1~1.5時間やっていました。1つの論点について「定義→趣旨→内容」の順番で箇条書きで一から作り、それを覚えるようにしていました。ゼミや模試などの関係でできない日もありましたが、専門職の試験日前日までほぼ毎日していました。教養記述も専門記述も満点ではなく、合格点を取れば十分です。無理に差別化をはかる必要はありません。みんなと同じことを書いていいので、落ちない答案を目指して対策してください。


③昨年12月頃から主要科目のQMを解いていますが思うように進まず、バイトもしないといけないので心苦しい思いをしています。何か前向きになる一言をお願いします。あと同じような人はいますか?

柏井:人によってバイト、大学、仕事など様々な事情で勉強が思うように進まないこともあると思います。しかし、今現在勉強以外で頑張っている何かがあるということは面接で喋るエピソードは見つけやすいと思いますし、その準備に使う時間も少なくてすむと思います。なので、どちらも中途半端にすることなく、バイトはバイト、勉強は勉強で集中して取り組んでください。
また、同じような人はいますか?に対してですが、もちろんいます。中には、平日は夜まで働いた後に勉強し、土日も遊ばず必死に勉強してる方もいます。なので、質問された方もこのブログを見ている方も今の状況を嘆くのではなく、今の状況で自分に出来ることを考えるようにしてください。就職活動は苦しいことも多いと思いますが、なんとか乗り越えましょう(^^)


次回の更新は2月12日です!

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)