【梅田】 第14回 アドバイザーに聞いてみよう♪ 

カテゴリ:梅田駅前本校からのお知らせ

皆さんこんにちは!アドバイザーの宮崎です(^^)

昨日は職種別イベントがあり、たくさんの受講生の方々にご参加いただき、アドバイザー一同
本当に嬉しく思います。
とうとう国家一般職試験まで100日をきりました。焦る気持ちが大きくなる時期だと思いますが、
今までやってきたことを信じ、直前期を乗り切ってください。アドバイザーは3月までとなりますが、
残りの期間目一杯協力していきますので、頼って頂けたらと思います(^o^)/

ではでは<第14回アドバイザーに聞いてみよう♪>のコーナーです。


①勉強が完成してきたのはいつ頃でしたか?

永田:完成したことはなかったです。だけど、2,3月頃から、QMでほとんどの問題が解けるようになったり、過去問演習で良い点数が取れたりすると、定着してきているなという実感はありました。最後まで不安で仕方なかったので、もうこれで大丈夫と思う瞬間はなかったです。


宮崎:僕も完成したと感じた瞬間はありません。ただ4月に過去問を解いたとき、点数が良くて、今までやってきたことが身についているなとは感じました。それでも本番でこの点数が取れるかなとか、苦手なところばかり出たらどうしようとかいろいろ不安になる要素が多かったので、完成したと思える瞬間はありませんでした。




②HRで、面接の時に気をつけることとして「他を下げないようにする」という話がありましたが、去年の面接で退職理由について聞かれた際にそれを意識して答えると、「それなら辞めなくてもよかったのでは」と言われてしまいました。上げすぎず下げすぎずのバランスはどのように注意すべきでしょうか?

柏井: 恐らく、前職ではなく公務員でないといけない理由の準備不足、公務員の仕事に対する熱意を伝え切れなかったのではないかと思います。
前の会社に対してのマイナス発言は去年同様避けて下さい。ただ、前の会社も悪くなかったが公務員の仕事は自分にとってプラスだということを面接官にしっかり伝えて下さい。


③公務員と民間を併願する場合、民間企業に「公務員と併願しています」といわなければいけないのでしょうか?

山上:個人的な意見となりますが、公務員受かったらどうせ公務員行くんやろって思われちゃうことが多い気がするんで、あんまり言わない方が良いと思いますよ~。


④技術職(建築)志望ですが、リア面や相談は誰にすればいいですか?

柏井:まず、面接試験の核となるのはあなたの人となり、人物評価なのでまずは誰にするとかあまり考えずに受けてもらったらいいです。
面接練習を重ねて、より技術職の仕事の深い部分の話をしたいということであれば京都の田中先生が技術職を経験されているので話を聞いて頂ければと思います。


お読みいただき、ありがとうございます\(^o^)/
次回の更新は3月19日(日)です!!




コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)