【5/12】本試験情報<東京都特別区・知識> 

カテゴリ:【採用情報】K太郎からのご案内


こんにちわ。LEC公務員担当のK太郎です。
K太郎(はんこ入り)
月曜日~金曜日まで、毎日公務員試験に関するニュースや、採用情報など、公務員受験生が知って得する情報を配信していきます。
取り上げてほしいネタや、公務員試験の疑問点などあれば、コメント欄から投稿をお願いします。投稿のあった内容に関しては、基本的に全て取り上げていきます。

---------------------------ここから今回の記事----------------------------------

こんにちわ。
明後日は裁判所職員の本試験ですね。
教養科目は制限時間が3時間と長めなので、
じっくりと取組むべき問題を選ぶようにしてください。
英文は肢が英語なのでとっつきにくいと思われそうですが、
文章そのものは案外人事院よりも難易度が低めなものも多いですよ。

さて、日曜日に行われた東京都特別区本試験の所感を。
そういえば、受験人数が出ていましたね。
昨年よりも1,000人近く増えていました。受験率が高かった、というのはどういうことなのでしょうか。
今日は教養知識分野です。

① 社会科学
大日本帝国憲法・日本国憲法の内容や改正については、
正直難易度は高いと思います。日本史としてもここまではやりませんからね。
知っている方だけ選べば、という問題でしょう。
法の支配・法治主義の問題は、Cが人名が絡んで難しそうに見えますが、
組み合わせ問題なので英米法・大陸法とセットで覚えていれば解けます。
これはしっかり取りたいところ。
核軍縮は国際関係としてある程度扱っていく分野なのですが、
意外に穴だったのか、選びづらかったという声を聞いています。要復習ですよ。
農業と食糧問題は難問でしょう。
というか、ジャンルは何?経済だとは思うのですが…

② 人文科学
西洋の思想家はこれでもかというくらいオーソドックスなラインナップ。
ルソーの全体意思は一般意思とは違いますよ。
絶対に取りたい問題ですね。
織豊政権はどマイナー分野というわけではないのですが、
問われている内容はかなり細かいように思います。
正解できた人は歴史漫画や信長の野望が知識のソース、というケースも珍しくないのでは?
世界史は昨年よりは切りやすい問題だったと思います。
テーマも戦間期なので把握しやすいところ。
肢4が微妙と思った方がいたでしょうが、
補助艦の削減はロンドン海軍軍縮条約です。
地理はAとBでいけるのでは?地形の基本問題です。

昨年に比べると解きやすいのでは?

③ 時事問題
トランプ大統領、
参議院議員選挙、
イギリスのEU離脱と、
ここまではオーソドックスなのですが、
まさか残り1問がル・コルヴィジェとは。

まぁ、最後の問題は放置でしょう。
参議院はやや難しかったでしょうか。
最高投票率長野は知らなかった方の方が多いと思いますが、
消去法で絞りたいところですね。






LECロゴ

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)