【6/14】試験情報<国家一般職近年出題テーマ②> 

カテゴリ:【採用情報】K太郎からのご案内

こんにちわ。LEC公務員担当のK太郎です。
K太郎(はんこ入り)
月曜日~金曜日まで、毎日公務員試験に関するニュースや、採用情報など、公務員受験生が知って得する情報を配信していきます。
取り上げてほしいネタや、公務員試験の疑問点などあれば、コメント欄から投稿をお願いします。投稿のあった内容に関しては、基本的に全て取り上げていきます。

---------------------------ここから今回の記事----------------------------------

こんにちわ。
今日は昨日に引き続き、人文科学を紹介したいと思います。

平成26年
No.34 日本史 反乱史(平安~昭和初期)
No.35 世界史 近代フランス
No.36 地理 世界の工業
No,37 思想・文芸 中世の思想

平成27年
No.34 日本史 教育通史(平安~第二次世界大戦後)
No.35 世界史 東西冷戦
No.36 地理 ケッペンの気候区分と世界の都市
No.37 思想 中国の思想家

平成28年
No.34 日本史 江戸幕府の政策
No.35 世界史 16~17世紀のヨーロッパ
No.36 地理 世界の大地形
No.37 思想 日本の近代思想


日本史は昨年こそ違いますが、しばしば通史が出てきます。
近世、近代中心なのは間違いないですが、典型的なテーマ史は押さえておきたいところですね。
昨年の日本史は時系列に並べる問題だったので、誰が何をした、だけでなく前後関係も必要です。
世界史は近年難易度が高めです。
東西冷戦こそ必ずとるべき問題ですが、平成26年は絵画交じりで絵画の内容が分かっていないと取れませんでしたし、
昨年も結構細かいところがつつかれていました。
地理は昨年は基本的な難易度。一昨年も知識は普通だと思ったのですが、
案外できていない方が多かったです。地名などが絡んでくると一気に崩壊する受験生が多かったようです。
思想は確実に取りに行く分野。
今年の国家総合のように典型的なキーワードが若干ずらされると厳しくなることはありますが、
基本的にはとるべき問題と位置づけるべきでしょう。


LECロゴ

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)