【6/12】本試験情報<国税専門官・教養知能> 

カテゴリ:【採用情報】K太郎からのご案内

こんにちわ。LEC公務員担当のK太郎です。
K太郎(はんこ入り)
月曜日~金曜日まで、毎日公務員試験に関するニュースや、採用情報など、公務員受験生が知って得する情報を配信していきます。
取り上げてほしいネタや、公務員試験の疑問点などあれば、コメント欄から投稿をお願いします。投稿のあった内容に関しては、基本的に全て取り上げていきます。

---------------------------ここから今回の記事----------------------------------

こんにちわ。
とりあえず教養試験の難易度感だけは一通り出せる状態になりました。
今日は知能、明日は知識という形でお伝えしたいと思います。
なお、K太郎が解いたうえでの肌感覚が基準なので、
実際のLECデータリサーチとは異なる指標となる可能性はあります。
その点はご了承ください。

① 現代文
難易度:前年並み


文章整序がなくて内容5問、空欄1問の構成でしたが、
大部分の受験生は内容把握よりも文章整序を苦手にしているので、
高得点取れている受験生は多いのではないでしょうか。
空欄補充がちょっと肢が微妙な気もしますが、
最低5点が確保できていればとりあえずOKではないかと。

② 英文
難易度:前年比やや難化


昨年も空欄補充、文章整序は激難でした。
今年は内容把握も難易度が高めだったと思いますが、
単語レベルはともかく、肢を切るという点に限って言えば極端には難易度は上がっていないように思います。
ただ、地方公務員系とは文章量がかなり違うので、
長文の読み取りが苦手な方はかなり苦労するかもしれません。
数的に掛ける時間が食われたという方も多いでしょうが、そこはどの分野で選び、どの分野で捨てるかの選択になりそうです。

③ 判断推理
難易度:前年比やや易化


昨年が取らせる気のない高難易度問題のオンパレードだったことを考えると、
やや大人しくはなっていると思います。
ただ、難易度のメリハリが激しくなったという方が正直な感覚。
典型的な整理方法で取れるNo.12(論理)やNo.15(順序関係)と、
国家総合職レベルのややこしさを誇るNo.17のような問題が併存しています。
こういう時に図形の分割・構成が1つでも取れると大きいんですけどね。
3問ほしいところです。

④ 数的推理
難易度:前年並み


No.20、No.23は絶対に取りたい問題ですが、
他の難易度が高めだったと思います。
No.21は因数分解ができてもそこからの作業が不明、という方も多かったのでは?
球の公式はあまり公務員試験でも多く出てません。意表を突かれた方も多かったでしょうが、
取れるか取れないか一瞬で決まるタイプなので迷うのが一番の負けです。
No.24はこれまで国家総合で出ていたようなタイプの問題ですけどね。
2問取れればOKではないでしょうか。

⑤ 資料解釈
難易度:前年並み


膨大な数値情報が網羅されているものの、計算力というよりは注意力が求められる問題です。
ほとんど計算作業というのは必要ないのですが、
どの項目とどの項目が比較されているかに気づくのがかなり大変だったのではないでしょうか。
特にミスリードを起こしやすいのはNo.25、No.26。
単位のミスや読んでいる項目のミスに陥らないことが大事だったのでは?




LECロゴ

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)