【1/18】本試験情報<教養知識分野論点整理(社会科学)> 

カテゴリ:【採用情報】K太郎からのご案内

こんにちわ。LEC公務員担当のK太郎です。
K太郎(はんこ入り)
月曜日~金曜日まで、毎日公務員試験に関するニュースや、採用情報など、公務員受験生が知って得する情報を配信していきます。
取り上げてほしいネタや、公務員試験の疑問点などあれば、コメント欄から投稿をお願いします。投稿のあった内容に関しては、基本的に全て取り上げていきます。

---------------------------ここから今回の記事----------------------------------

こんにちわ。
まずは国家専門職の日本史から。

3 国風文化は,大陸文化に日本人のし好を加味した優雅で洗練された文化であり,13 世
紀に生まれた。それまでの漢字文化から脱して,かな文字が発達し,自由な表現が可能
となったことから,新古今和歌集や十六夜日記といった文学作品が生まれた。


国風文化は遣唐使の廃止後、それまでに流入した大陸文化に日本文化が融合してできた文化です。
13世紀となると鎌倉時代ですが、国風文化は平安時代なので、その点でも違いますね。
なお、新古今和歌集も十六夜日記も鎌倉時代です。

今日は最終日、社会科学の本試験テーマをまとめておきます。

③ 社会科学

★ 国家一般職
38 法学 日本国憲法の基本的人権
39 経済 財政やその機能
40 政治 発展途上国への援助等

★ 東京都特別区
29 法学 大日本帝国憲法・日本国憲法
30 法学 法の支配
31 政治 核軍縮への動き
32 経済 我が国の農業と食糧問題

★ 裁判所職員
28 社会科学(政治) 我が国の選挙制度
29 社会科学(経済) 戦後日本経済史
30 社会科学(法学) 法の分類
35 社会科学(政治) アジア情勢
36 社会科学(経済) 経済用語

★ 国家専門職
38 法学 大日本帝国憲法と日本国憲法
39 経済 景気循環
40 法学 国会や内閣

基本的には教養社会科学の論点を幅広く抑えておくことで対応は可能です。
今年はあまり教養の範囲を超えている、という印象の問題はありませんね。
地方公務員系の場合、経済系はミクロ経済・マクロ経済の基礎レベルにあたる、
グラフの読み取り問題などは出てくることが結構あります。
地方オンリーで考えている方の場合、ちょっと対応が増える領域になりますので忘れないでください。

行政事務の専門試験を含めて学習している場合、全体の8割くらいは専門試験と被るのが一般的です。
そこはいきなりクイックマスター、という形でも問題ないでしょうが、
国際関係や政治史・経済史など、専門試験で漏れる領域というのが必ず存在します。
その部分を放置すると、むしろ国家公務員では頻出分野なので社会科学壊滅ということになりかねないので要注意ですよ。

LECロゴ


コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)