FC2ブログ

【6/28】本試験情報<2018年度地方上級受験状況> 

カテゴリ:【採用情報】K太郎からのご案内

こんにちわ。LEC公務員担当のK太郎です。
K太郎(はんこ入り)
月曜日~金曜日まで、毎日公務員試験に関するニュースや、採用情報など、公務員受験生が知って得する情報を配信していきます。
取り上げてほしいネタや、公務員試験の疑問点などあれば、コメント欄から投稿をお願いします。投稿のあった内容に関しては、基本的に全て取り上げていきます。

---------------------------ここから今回の記事----------------------------------

こんにちわ。

先日の地方上級1次試験の択一結果が
早くも発表されようとしているところもありますが、
今年の1次試験受験状況についてまとめました。

受験状況

自治体によって、増減が結構はっきりと分かれているのが今年の特徴。
申込者数が増加したのが神戸市、堺市、京都市、和歌山県、大阪市。
減少したのが兵庫県、滋賀県、京都府、奈良県、大阪府となっています。

基本的には広域自治体<基礎自治体の傾向が強く見られますね。
和歌山県の増加要因のひとつは択一試験の制度変更と思われます。
元々特別枠でも専門科目が必須なので、
社会科学系以外の学習で専門試験が対応できるようになったのは大きいのではないでしょうか。

京都市については年齢上限の引き上げもあると思われます。
そのあおりを食ったのが京都府と滋賀県なのではないでしょうか。
神戸市の増加原因はちょっと分かりません。
ただ、兵庫が激しく減少しているので、県庁か市役所かで迷っていた人が市に流れたことは考えられます。

LECロゴ

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)