FC2ブログ

【7/14】本試験分析<国家一般職専門> 

カテゴリ:【採用情報】K太郎からのご案内

こんにちわ。LEC公務員担当のK太郎です。
K太郎(はんこ入り)
月曜日~金曜日まで、毎日公務員試験に関するニュースや、採用情報など、公務員受験生が知って得する情報を配信していきます。
取り上げてほしいネタや、公務員試験の疑問点などあれば、コメント欄から投稿をお願いします。投稿のあった内容に関しては、基本的に全て取り上げていきます。

---------------------------ここから今回の記事----------------------------------

こんにちわ。
本当は昨日UPする予定だったのですがうっかり更新できていなかったので、改めて本日。
今日も国家一般職の1次試験総括をしてみます。

専門系ですが、国際関係を除き、英語基礎を加えて12科目分を見てみます。
今日はNo.30(民法Ⅱ)までを科目ごとに見ていきましょう。

① 政治学
選択率前年比:-0.4%
基本1問 中程度3問 難問1問

かなり苦しんだ方が多かったようですが、
上下差がついている問題が多いのも事実。
学者名など暗記事項以外の部分での判断できる材料があったのでは?

② 行政学
選択率前年比:-4.6%
基本4問 中程度1問 難問0問
前年よりは易しかったという声をあまり聞いていないのですが、
基本問題が中心という構造は変わっていません。
最近は行政学の方が政治学よりも選択率が高くなる傾向がありますね。

③ 憲法
選択率前年比:-0.9%
基本3問 中程度2問 難問0問
昨年よりも難しかったという反応を聞いています。
全体正答率、上位正答率をみているだけでは顕著に現れていないのですが、
昨年は3~4問に集中していたのに対し、
今年は2~5問にばらけている感じがあります。

④ 行政法
選択率:-1.6%
基本3問 中程度2問 難問0問
昨年よりは難易度が下っているのではないでしょうか。
昨年は改正論点がらみの部分で正答率が大幅に沈み込んでいました。

⑤ 民法Ⅰ
選択率:-1.2%
基本3問 中程度1問 難問1問
1問激難なものは混じっていますが、
全体としてみると標準的なレベルの範囲。
難問扱いは根抵当なので、ここが出来ていなくとも大勢に影響はありません。

⑥ 民法Ⅱ
選択率:+0.9%
基本1問 中程度3問 難問1問
正答率データ上だけでいえば政治学並の難問分野です。
ただ、政治学が口を揃えて厳しかったという反応をもらっているのに対し、
こちらは個人差が大きいといった印象。




LECロゴ

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)