FC2ブログ

【7/24】良くある質問<SPI試験について②> 

カテゴリ:【採用情報】K太郎からのご案内

こんにちわ。LEC公務員担当のK太郎です。
K太郎(はんこ入り)
月曜日~金曜日まで、毎日公務員試験に関するニュースや、採用情報など、公務員受験生が知って得する情報を配信していきます。
取り上げてほしいネタや、公務員試験の疑問点などあれば、コメント欄から投稿をお願いします。投稿のあった内容に関しては、基本的に全て取り上げていきます。

---------------------------ここから今回の記事----------------------------------

こんにちわ。
今日も昨日に引き続いてSPIに関する質問を。

Q.「公務員試験対策不要」と書いてあったらSPIと思っていいんですか?

SPIとは限りません。
民間企業で実施されている能力試験で一番メジャーなのがSPIなのですが、
SCOAという能力試験も枚方市や芦屋市、松原市などで行なわれています。
この場合は知識分野と英語が加わります。
また、他にもGAB、玉手箱など何種類か能力試験はあり、それに応じて対策は若干異なってきます。
ただ、どの試験においてもいわゆるSPIの言語系、非言語系に当たる分野は多くのウェイトを占めるので、
SPIそのものではなくともSPIの対策を進めておくことは、
このような民間企業で実施している能力試験の準備としては有効です。

Q.言語は取れるのですが、非言語が取れません。捨てていいですか?

捨てないでください。
細かい計算式の紹介は省略しますが、
多くの場合言語系・非言語系の双方で足切りラインを設けています。
したがって、いくら一方の試験が出来ても他方が出来ていないと不合格となる可能性が高いです。

Q.分からない問題にマークすると得点が下がると聞いたのですが…

いわゆる「誤謬率」のことでしょう。
高卒系の能力試験で時折みられる判定方法で、
回答した問題のうち間違えた問題の割合を算出し、少ないほうが有利に働くというものです。
計算方法は若干違いますが、
一般的な公務員試験でも適性試験と呼ばれる10分100問などの超高速で問題を解かなければいけない問題では、
誤謬率(正確には誤答数)が問題となってきます。

ただ、これらの試験については「分からない問題は解答しないでください」という指示が明確にあるので、
試験官の説明さえちゃんと聞いていれば誤謬率の伴う形式かそうでないかはすぐ分かります。

なお、一般的に公務員試験で行なわれるSPIでは誤謬率を問題にしない試験しか聞いていないので、
分からない問題も適当にマークしてしまいましょう。5択よりも選択肢が多い場合が大半なので、当たる確率は低いですが…

Q.何点取れればいいのでしょうか?

受験先によってSPIでどの程度絞り込むかはまちまちなので、一概には言えません。
民間企業の場合、上場企業では9割必要というところもあるようですが、そこまで高くはなさそうです。
7割取れていればいい方といわれますので、このあたりを目標にしてはどうでしょうか。
最近は言語で苦しむ人もいるのでちゃんと準備しておいてください。

LECロゴ

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)