FC2ブログ

【8/8】採用情報(国家総合職・教養区分) 

カテゴリ:【採用情報】K太郎からのご案内

こんにちわ。LEC公務員担当のK太郎です。
K太郎(はんこ入り)
月曜日~金曜日まで、毎日公務員試験に関するニュースや、採用情報など、公務員受験生が知って得する情報を配信していきます。
取り上げてほしいネタや、公務員試験の疑問点などあれば、コメント欄から投稿をお願いします。投稿のあった内容に関しては、基本的に全て取り上げていきます。

---------------------------ここから今回の記事----------------------------------

こんにちわ。
関西の公務員受験生も、志望順位の高い・低いはともかくとして、
国家総合職を考えている方はそこそこいます。
4月末に行われている春試験がメジャーではありますが、
毎年秋にも試験が行われているのはご存知でしょうか。

2012年から始まっている「教養区分」と呼ばれる試験で、
採用人数も実施初年度から徐々に増加傾向にある区分です。
(H28:58名、H29:61名、H30:76名)
教養試験と論文試験(総合論文といいます)、さらには集団討論やプレゼンテーションといった形で、
かなり負荷は大きな試験ですが試してみる価値はあるのではないでしょうか。

★ 国家総合職 教養区分

採用予定人数:
9月上旬発表
近3年分の採用履歴については上の数値をご覧ください。

1次試験日程:
9月30日

1次試験内容:
総合論文試験
基礎能力試験

総合論文試験は春の総合職試験の政策論文に相当します。
違いは具体的な政策課題に基づくものと基づかないものから出題されること。
2問で4時間という試験時間の長さは強烈です。
基礎能力試験は知能系と知識系で試験時間が分断されています。
知能系で2時間24問、知識系で1時間半30問。
足切りボーダーも標準点換算評価もそれぞれで行われます。

試験問題の難易度は以前は春の国家総合職より少し易しめといわれてましたが、
今はほぼ難易度差がないです。

申込期間:
8月3日(金)9:00~8月27日(月)

詳しくはこちら

昨年は教養区分の合格者の採用実績が多かったところから、
国土交通省、外務省、総務省の順です。
特に外務省は採用予定数の半数が教養区分で、これは特筆に価するレベル。
逆に法務省は近3年採用実績がなく、防衛省も昨年は1人のみ。
省庁によっても温度差があるようです。

LECロゴ

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)