FC2ブログ

【8/10】本試験分析<東京都特別区①> 

カテゴリ:【採用情報】K太郎からのご案内

こんにちわ。LEC公務員担当のK太郎です。
K太郎(はんこ入り)
月曜日~金曜日まで、毎日公務員試験に関するニュースや、採用情報など、公務員受験生が知って得する情報を配信していきます。
取り上げてほしいネタや、公務員試験の疑問点などあれば、コメント欄から投稿をお願いします。投稿のあった内容に関しては、基本的に全て取り上げていきます。

---------------------------ここから今回の記事----------------------------------

こんにちわ。
質問が届いておりますのでお答えします。

こんど、市役所(草津市)の集団討論があるのですが、どのようなテーマが出るのか分からず不安です。
市の広報誌を読んでおけば大丈夫でしょうか?


コース生であれば詳しい内容は進路相談・科目質問などで聞いて欲しいのですが、
過去のテーマを見る限り、地域の大きなトピックか、
そうでなければ一般的な社会問題や公務員のあり方に関するテーマのようです。
後者については論文対策レベルの知識を備えておけば大丈夫でしょう。
前者については基本計画や総合計画の大きなテーマは確認しておくとよいのではないでしょうか。

先日、東京都特別区の最終合格発表が行われました。

昨年との比較は以下のとおりです。
tokubetuku_201808091450485ea.png

事務については予定数が150増えたこともあり、2300人を越える最終合格となりました。
関西でも多くの合格報告をいただいています。
まだの方は各本校で報告をお待ちしています。

今日と次回(8月13日)で特別区の分野別試験結果を見てみたいと思います。

教養試験については以下のとおり。
(易化、難化は前年比です)

現代文:易化
英文:易化
判断推理・数的推理:ほぼ前年並み
資料解釈・空間概念:やや難化
社会科学:易化
人文科学:やや難化
社会事情:難化
自然科学:やや易化


となっています。
トータルではあまり前年と変わっていないのですが、
受験生の反応としては教養科目が難しかったというコメントが多く聞かれました。

特に多かったのが数的推理と時事問題だったのですが、
時事問題はともかく数的推理についてはそこまで極端な難易度上昇はしていません、
今年でも正答率5割程度には達していますので、
数的処理に依存している一方でそこまでスピードが速くない受験生が、
ことごとく苦労した、という可能性は考えられます。

また、時事問題についてはもともと特別区はピンポイントで掘り下げるテーマが出てくる関係で、
意表を突かれるジャンルから出題されるケースがままあります。
一方で自然科学は比較的難易度的にも安定しており、前年よりも難易度が下がっていたのですが、
あまり取りやすかったという報告を聞いていません。
ちゃんと知識分野の方に手を回していましたでしょうか?
全科目手をつけている必要はありませんが、安定した得点力のためには知識分野の攻略も欠かせませんよ。

LECロゴ

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)