fc2ブログ

梅田駅前・京都駅前・神戸・難波のLEC各本校から、公務員試験に関する様々な情報を発信していきます。

【LINE記事 1/23(水)配信】 模試の活用法

2019/01/23
公務員合格者アドバイザーより 0
皆さんこんにちは!
神戸本校アドバイザーの三田です★
トライアル模試が終わったということで、今回は模試の活用法について話していきたいと思います。

模試=現時点の実力から合格可能性を判定するもの
たしかにそうです。でもそれだけじゃないんです(。╹ω╹。)
皆さんには模試を解き終わった後に、以下のことをやってほしいと思います!

1 正答率が50%を超える問題は必ず復習!
 まず、選択肢一つずつを確認していきましょう。 
公務員試験はみんなが正解する基本問題を落とすと命取りになります。正答率が高い問題は必ず復習して、次出たときは解けるようにしましょう。

2 友人と復習!
 他の人と復習することで、[記憶にも残る+自分にはない考え方を知られる+プラスαの知識も得られる(+時短??)]
⇒実際、復習したところが本試験で出まくりました!


3 できなかった原因を分析!
①その問題はできなければいけなかったのか?それともできなくて良かったのか?
       ↓(できなければいけない問題ならば)
②なぜその問題ができなかったのか?(例.時間が足りなかったのか? 解法が思いつかなかったのか? 理解不足だったのか? 暗記できていなかったのか?などなど)
       ↓
③どのようにすればその問題を出来るようになるのか(例.もう一回レジュメを読んで暗記を固める。 クイックマスターを解く時から時間制限を作る。 試験前に時間配分を固めておく。などなど)

正直私は1問ずつの復習以上に、この行為の方が重要だと思います。
このことがこれから先の計画の重要な材料となってきます。




4 次に向けて具体的に勉強の対策を立てて、行動!
  模試ができなかった原因や間違った問題の分析をしたら、今後の勉強スケジュールを立てましょう。次の目標を明確にすれば勉強しやすいと思います。例えば、次の模試で民法で6割取る!数的は6割とる!など・・・。そして、その目標を達成できる勉強方法、勉強計画を立てていきましょう。
 理解が追いついていない科目に比重をおいて、基本問題が解けた教科は発展問題に手を付けていくなど自分なりに工夫してください。勉強の進め方に困ったときは担任の先生やアドバイザーに相談してください。効果的な学習法を見つける手がかりになるでしょう☆
私は、模試の結果やどの問題を間違えたかを担任進路相談のたびに先生に伝えていました。

そして最終的には…
間違えた問題の原因を追究
→それを解決するための勉強方法または、試験中の時間配分を考える
→その計画通りに次の模試までに勉強を行う
といった感じになればOKだと思います^^

これらを行うことで、模試を自分の実力を試すだけでなく、実力を伸ばすためにも使えるようになると思うので、模試の活用法に困っている方は是非やってみてください!

次週の記事では「集団討論って・・・+併願先どうする?」をお届けする予定です★☆
更新をお楽しみに!

コメント(0)

There are no comments yet.