fc2ブログ

梅田駅前・京都駅前・神戸・難波のLEC各本校から、公務員試験に関する様々な情報を発信していきます。

【LINE記事 1/31(木)配信】 集団討論って・・・/併願先どうする?

2019/01/31
公務員合格者アドバイザーより 0
皆さんこんにちは∩´∀`∩
難波駅前本校アドバイザー中山です。

もうすぐ2月がやってきますね。あっという間です(°Д°;)
2月は模試が2回あります。
模試に向けて目標を立て、
模試を受け終えて自分の実力を分析し次につなげる! ・・・というように、
模試を上手に活用して、力を着実に伸ばしていきましょう!

筆記対策ももちろんですが、
面接対策は順調でしょうか??
面接対策をするにはまずは自分が受験する職種を決めなければなりませんっ!!

そこで今週は、
①集団討論って・・・
②併願先どうする?

についてお届けしていきたいと思います!


①集団討論って・・・
【大崎】
集団討論は知識実践、事前準備によってかなりの差がつく試験です。
知識面では時事や政策研究で対策をする事ができます。
実践面リア面の集団討論の枠や2月10日、18日に梅田で行われる集団討論イベントで練習することが出来ます!!
さらに、2時間1,000円でLECの教室を借りることができる自主ゼミで、集団討論の練習をしている知り合いもいました。
気をつけていただきたいのは本番ではグループのメンバーは同じLEC生ではないことと集団討論を今までしたことがない人と一緒にグループワークをする場合もあります。集団討論の練習をする際はそのことも念頭においてください。


②併願先どうする?
【松藤】
併願先をそろそろ確定し、逆算しながら勉強計画やESを考えていかなければならない時期になってきました!みなさんにも第一志望があると思いますが、どうしても悩んでしまうのがその他併願先ですよね…。そこで松藤が何を基準に併願先を決めたのか、紹介していきます☆
松藤が受けた試験種は、国総・特別区・裁判所・国税・国般・堺市です。「とにかく受けられるものは受けていこう!」というスタンスで受験していきました。公務員試験は最終合格=採用内定ではないので、一つでも内定先を増やすためには、最終合格先を増やさねば!!と考えました。また、各試験の2次面接の時期が被ってしまうため、1次合格していても2次が被った…ということが多々あります。はじめから受験先を絞ってしまうと、あとあと2次面接を受けられるところがなくなってしまうという悲しい事態になりかねません(汗)時間と体力が許す限り、多めに受験をすることをオススメします!
また国般に最終合格したらどこかで内定を貰えるだろう~と軽い気持ちでいる人はいませんか!?行政近畿では業務説明会の段階で選考している官庁も多く、自分で説明会の参加先をしぼらなくても、向こうからしぼられてしまいます(泣)今から範囲を狭める必要はなく、いろいろな試験から内定を頂いた上で、最終的に自分がどこに行きたいのかを決めることが出来るのがベストだと思います♪
ちなみに、国総(試験慣れのため)、特別区(当時の第一志望のため)、裁判所(2次面接の時期が他よりも早いため)、国税(ボーダーが低いため)、国般(当時の第一志望のため)、堺市(堺市内の高校に通っていたため)という理由で各試験を受験しました☆
疑問点や詳しいことを聞きたい!と思った方はいつでもお気軽にご相談下さい♪



【中山】
 LINEでも書かせていただいたように、私は「1つでも多く内定先が欲しい」、「筆記、面接の場数を踏んで試験慣れしたい」と思って受けられるところは全て受けていこうと考えました。今回は私なりに併願したメリット(時々デメリット)をお伝えしたいと思います。
『1つでも多く内定先が欲しい』
→公務員専願で就職活動をしていたこともあり、どこかには受かりたい・・・という気持ちで受けていきました。1つでも多く合格しておくことで、将来自分が何をしたいのかをしっかりと考えることが出来ます。説明会の参加によって、試験真っ只中や合格発表後に志望先が代わる友達もたくさんいました(私もその1人です)!ベストな選択が出来るよう、いろんな可能性をつくるためにも少しでも興味のある分野であれば、併願先として検討することをオススメします♪
※ただ、たくさん受ければ受けるほど、志望先に応じた試験科目、面接の準備が増えてしまいます。1つ1つの準備が忙しくて本命の準備が中途半端になってしまっては本末転倒ですので、志望度に応じて優先度を考えながら考えてもらえたらと思います!
『筆記、面接の場数を踏んで試験慣れしたい』
→LECの模試を受けている方で実感されている方もおられると思いますが、時間が限られている試験では、いつも通りの心持ちで問題を解くことが出来ない事があります!
時間が足りなくて焦ったり、自分の得意分野が難しくて調子が乱れたり・・・何が起こるかわかりません!!ですので、模試ももちろんですが、本番の雰囲気を何回もしっかり味わって、多少アクシデントがあっても「こんなこともあるよね!」と平常心を保つことが出来るようにいろんな局面を経験しておくことも大切だと思います。

次週は主に「バイザーがやって苦労・失敗したこと」についてお届けする予定です!
お楽しみに~☆

コメント(0)

There are no comments yet.