fc2ブログ

梅田駅前・京都駅前・神戸・難波のLEC各本校から、公務員試験に関する様々な情報を発信していきます。

【LINE記事 3/9(土)配信】直前期に何しよう…?

2019/03/09
公務員合格者アドバイザーより 0
皆さんこんにちは!
梅田駅前本校アドバイザー中井です。

いよいよ直前期に差し掛かってきましたね。しかし、この時期はやることが多すぎて、勉強方法やスケジューリングなどについて、迷われている方も多いのではないでしょうか?

そこで、今週は、
直前期に何しよう…?
についてお届けしたいと思います!


○●中井●○
私が直前期にやっていたことを、科目別に分けて書いていきたいと思います!
【文章理解・数的処理】
過去問を時間を計って通しで解き、感覚を維持するようにしていました。直前期になるとなかなか手が回らなくなるかもしれませんが、問題を全く解かない日が続くと、感覚が鈍ってしまうことがあります。ですので、模試や過去問などで定期的に問題には触れておくことをオススメします!

【教養知識系・準主要科目(学系)・時事など】
レジュメの読み込みやQM演習を通して、ひたすら内容や流れを暗記するようにしていました。

【法律科目】
自分の中で理解できていない部分や、あやふやな部分を中心に、レジュメの読み込みと過去問演習をしていました。直前期になっても理解しきれないところは、丸暗記してしまうのもひとつの方法ではないかと思います。

【経済原論】
問題集の問題をひたすら回していました。私の場合は経済がとても苦手で、他の科目の足を引っ張らない程度の点数を取ることを目標にしていたので、直前期でも基本問題を中心に取り組んでいました。
本試験の直前1週間は問題を見て、使う公式や解答手順がすぐに思いつくかどうか確認していました。



○●上田●○
私は直前期には、とにかく過去問演習を繰り返しました!!
過去問演習をすることで、①本番の感覚に慣れる、②志望先の傾向を実感できる、③バランスよく志望先の出題科目に触れることができる、④苦手分野を洗い出すことができるという沢山のメリットがあります!
ただし演習して満足するのではなく、必ず復習しましょうね。また、過去問演習中心に学習を進める場合には、過去問では時事問題に触れることはできないので、時事は意識的に学習するようにしましょう~♪


・・・と、アドバイザーの直前期の学習についてご紹介しましたが、受験先や勉強の開始時期、完成度は人それぞれ違うと思うので、自分でやるべきことが分かっている方はそちらを優先してくださいね。

次週は主に「4月以降の受験生のQ&Aに答えます!」についてお届けする予定です!
お楽しみに~☆

コメント(0)

There are no comments yet.