FC2ブログ

【梅田】梅田アドバイザー 質問箱vol.4 

カテゴリ:梅田駅前本校からのお知らせ

こんにちは(=゚ω゚)ノ 梅田アドバイザーの亀井です。

前回の投稿からずいぶんお待たせしてしまって申し訳ありませんでした…!
本日は、前回に引き続き「第2回アドバイザーHR」でみなさんからお寄せいただいた質問にお答えさせていただきます!
回答者は亀井と中村です。 以下長文ですが、よろしくお願いします( ̄^ ̄)ゞ


◆各種別の面接の特徴と対策について (亀井)
⇒私が実際に面接を経験した限り、国家公務員系の面接は基本的にESに書いた内容から質問され、突拍子のないことはあまり聞かれない、「素直な」面接だったと思います。 対して地方公務員系は、ESの内容はもちろんのこと、その自治体が抱えている問題や関係するニュースに基づいて質問されたりして、面食らうことが多かったです。
 対策としては、リア面や担任の先生方にESをお見せしてきちんと添削していただくことや、何度も模擬面接を経験して雰囲気に慣れておくこと、友達と質問を予測しあうことなどが挙げられます。もちろん、本番は考えもしなかった質問が飛んでくることもありますが、面接に慣れてさえおけばその場で対応することが可能です!
 添削や質問予想には私たちアドバイザーも協力しますので、準備不足のまま本番に臨むことがないようにしてくださいね!

◆選択科目の選び方について (亀井)
⇒教養科目に関しては、大学受験で使用した科目や高校時代に得意だった科目、大学で学んでいる内容と関連する科目を優先的に選ぶことになると思います。ですが、苦手科目に関しても、頻出分野や覚えればなんとかなる分野、全体的に苦手だけどここだけは理解できるという分野を一通り勉強したうえで本番に臨む方が多いです。 捨て科目を作るのはあまりオススメできません…。
 学系科目に関しても、志望先・併願先をどこにするかや得意科目はなにかといったもろもろの事情を総合的に考慮したうえで、どの科目を勉強するのかを決定していきます。
 どちらも、自分ひとりですべて決めようとすると頭がパンクしますし、非効率的です。 どの科目・分野を勉強するか、どこを捨てるかといったことを決める際には、必ず担任の先生やアドバイザーに相談することを強く勧めます!

◆集中力を維持する方法について (亀井)
⇒個人的には、電車などに乗っているときに、目的地に着くまでにこの科目のノルマを終わらせる!!と思って勉強するのがオススメです!(私の場合は、勉強を切り上げなければならない時間が決まっている方が集中できました)
 他にも、勉強する科目・場所を変えたり、QMを回すのに飽きたのであれば教科書をじっくり読み込んだり、Webで授業を聞きなおすのもオススメです。 ただその際には、集中が途切れちゃったな~と感じたタイミングで潔く休憩したほうが、効率的に勉強できると思います。

◆技術系はどの程度知っているか、アドバイザー進路相談に行ってもよいか (亀井)
⇒申し訳ございません、本年度の梅田アドバイザーは全員行政職で受験したので、技術系の詳しい内容に関しては担任の先生方に相談した方がよいと思います…。
 ですが、教養科目といった行政職と共通のものに関してはアドバイスできることがありますので、その際はぜひアドバイザー進路相談にご予約ください!

◆QMは、肢別で解くのとそのまま解くのと、どちらがオススメか (中村)
⇒私は、年明けもしばらくは知識定着のために肢別で解いてました! というのも、レジュメにピックアップされている肢は出題頻度も高く、その論点を理解するために効率がいいものが多いので、取れる問題を確実に取ると言う意味で知識定着を徹底しやすかったからです。 その際には、QMにレジュメのどのページに載っているのかを書いておけば復習もしやすいです!(この方法は友達がやっていて、私もやっておけばよかったと思っていた方法です) 法律科目は細かいものが多いので、まずは肢別でといて、のちのち普通に解くという方法が私にはあっていたので、自分にあった解き方を試行錯誤してみて下さい!


◆不安や焦りを感じたときの対処法について (中村)
⇒不安はみんなが感じるものです。ですがだからこそ、周りと比較せずに自分をもって進めていきましょう。 私は本気を出しはじめたのが遅かったので、遅い時期からはじめた合格者の方の話を聞いて、あの人ができるなら私もできると信じて続けていました。
あと、泣ける映画をみて涙を流すとスッキリして焦りや不安が軽減したことがあるので、ぜひ試してみてください。 涙には科学的に見てもリフレッシュ効果があるそうです。

◆ストレスの解消法について (中村)
⇒上にも書きましたが、泣ける映画をみて涙を流すと思ってる以上にすっきりするのでオススメです。 また、私は、カラオケやジョギングをするとすごく気分転換できました。 勉強を続けていると姿勢が悪くなり、呼吸が浅くなってしまいがちなので、きちんと息を吐くことができるようなことをしてみてください! 私の場合、そのことを心がけると次の日の集中力が上がりました! 時間や体力がない日はYoutubeで動画見てました。 時間を決めないとずっと見てしまうので注意です!

◆ボランティアの経験について (中村)

⇒私は、大学の授業で外国人の学童ボランティアを一度したことがありました(面接では半年間継続したことにしました)。 外国人の親を持つ子供たちの宿題のお手伝いなどがボランティアの内容だったのですが、どうすれば円滑なコミュニケーションをとることができるのか等を自分なりに考えて行動した旨を面接では話していました。 ボランティアをしたことがあるという事実よりも、自分で考えて行動した結果をキチンとはなすことができるのかを面接官は見ています。 なので、自分の考えをしっかり話すことができれば、ボランティア経験がなくても、サークルや、ゼミ、アルバイトでの経験で補完でき、なにも問題ありません。



いかがでしたでしょうか?
これらの回答を参考に、12月もがんばっていきましょう!

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)