fc2ブログ

梅田駅前・京都駅前・神戸・難波のLEC各本校から、公務員試験に関する様々な情報を発信していきます。

【梅田】アドバイザー質問箱 vol.7

2022/03/16
梅田駅前本校からのお知らせ 0
みなさんこんにちは!梅田アドバイザーの大西です!
今回は、過去に受講生の皆さんから来ていた質問・財務専門官イベントで新たに来た質問に答えていきます♪

・ゼミ、模試の復習、道場など様々な課題がありますが、どのようにしておこなっていたか
ひと月単位でスケジュールをガチガチに組んでいました。そうすることで、毎日のタスク達成のために頑張れるし、「これが出来てなかった( ノД`)」みたいなことが減ります。

・試験シーズンにおいて1番大事なことは何か
筆記中心のシーズン:「毎日何かはすること」だと思います。とにかくさぼりたいときは「公務員試験のことを考えた!」でカウントしていたこともあります(笑)1日さぼったら取り戻すのに3日かかるというのを大学受験の時に聞いたことがあります。数的処理の問題を数問解くとかでもいいので、気持ちが切れないように続けましょう!
面接中心のシーズン:「良い意味で気にしないこと」だと思います。もし電話が来なくてもたまたまご縁が無かっただけであり、誰も悪くないです。合う職場はどこかにはあると私は思い込んでいました。それでも内々定は欲しいので、受験先は全部第一志望だと思い込み、政策調べやガクチカ・自己PRなどの自問自答を行い、笑顔でハキハキ話すことを一番意識して挑んでいました。

・しんどい時は休むか、続けるか、どっちがおすすめか
休みましょう。1日くらい、たまには休んでもいいと思います。休むことに罪悪感がある場合は、面接カードを書くとか、なんとなく公務員のことを少し調べるとかも公務員試験対策にカウントして「毎日頑張っていて私えらい!!」と甘やかしてあげましょう。

・数的処理が苦手だが、諦めたくない場合はどのように勉強すればよいか
私がそのような立場なら、明らかに難しいところはスルーして、自分の比較的得意分野&皆が落とさないような基礎問題のみに力を入れると思います。直前期になるので、1問当たりの時間を図って基礎問題は落とさないようにすることをお勧めします。

・周りが民間企業で内定をもらっていく中でのモチべ維持方法
こればかりは本当に難しいですよね・・・私も焦りから民間企業うけたようなものなので・・・本当に気持ちはわかります。ただ民間志望の方は公務員志望の人よりも早いうちから面接対策を進めていることが多いように私は思います。早く進めた人が早いうちに内々定をもらっているのは当然だと今更思います。
「私は勉強も面接もここから仕上げて絶対公務員になってやる」と強いこだわりを持つしか無いのかなって正直思います。私も執念だけで何とかやってきたので・・・。HPで仕事内容を見て「ここで絶対働きたい」という気持ちを高めるとか、公務員になったらしたいことを考えるとか(たとえ変な理由であっても)で私はモチベを維持していました。

・併願先の決め方
「受けられる限り受ける」というやり方を取りました。国家系のほうが志望度高かったので、「国般(6月2週目)と財務(6月1週目)は絶対に受ける→裁判所(5月2週目)や地上(6月3週目)も受けたい→同じ科目で受けられるし特別区(5月1週目)も受けよう→市役所B日程や国大法人、文部科学省文教団体職員も出しておこう」という感じです。地方公務員もう少し出しても良かったかもしれませんが、志望動機がなかなか思いつかなくて断念しました・・・。

・振返ってみて、これはしておいてよかったと思うこと
2つあります。①記録・メモを取ること、②早めに面接カードの形を作っておいたことです。
①について、後々振り返ったときに、「今まで勉強これだけ頑張っているから最後もう少しだけ続けてみよう」という気持ちになりました。また、思いついたことを随時メモしていたことで、直前になって「この話は使える!」と思って志望動機などで活用しました。
②について、筆記試験合格後すぐに面接カードを提出しないといけないときに、焦らずに対応できました。3月末には、国家系・地方上級・特別区(3分プレゼン以外)・文教団体の面接カードは大まかに形を作り添削を一度済ませていました。

・長時間勉強に集中するためのコツ
「ちゃんと休憩をとること」です。52分働いて17分休憩を取る「52・17ルール」で仕事をするのが最も効率的だという調査結果があるらしいです。私が長時間集中できない人間なので、自習室で勉強するときは、2時間くらい勉強したら10分ほど休憩のために外に出ていました。一旦リフレッシュした後に勉強しているときの方が、疲れた状態で勉強するよりも頭に知識が入りやすいなと私は思っていました!!

・第一志望をそこに決めた本音の理由を知りたい
当時は仕事への興味だけで決めていました。当時は転勤も嫌ではないと思っていました。対面でしか言えない事もあるので、直接詳しいこと(どういう理由で変化したなど)は聞いてみてください・・・泣

・面接の準備でどのように質問を想定しましたか
ずっと自問自答を繰り返して想定していました。例えばエピソード→リーダーシップ→そもそもリーダーシップって何?→横暴なリーダーと思われないようにどう伝えようかな→そもそも何故リーダーになったんだろう→上手くいったポイントって何かな・・・など延々考えていました。模擬面接・友人と質問し合う等で、聞かれた質問をリストアップすることもオススメです。

・面接は半袖で行きましたか?
何回か半袖で行きました!長袖で腕まくりした跡がつくよりかは良いと思います!!
ただ、周りを見ると長袖シャツの人が多かった気がします。

・経済学が苦手な場合、内定優先で考えるなら、国家一般職が第一志望でない場合に「費用対効果」としてコスパが悪くないでしょうか?
苦手な方にとって経済の勉強はしんどいと思います。私も結構苦戦したので・・・。
仮に国家一般職を受けないとしても、地方上級や国家専門職、裁判所事務官で出ることが多いので、科目被りが発生して勉強の科目が減ることから、経済を勉強する人が多いと思います。その面ではコスパ悪でもないと思います。もし経済を捨てるのであれば、勉強する学系科目(経営学や財政学など、もし裁事を受けるなら刑法を勉強する必要があります)を増やすこと・より知識を固めることが求められると思います。

困ったこと・聞きたいことがあれば頼れる先生方に相談しましょう!
勿論アドバイザーも皆さんの相談をお待ちしています^^
Zoom質問会も近日中に行うので、覗いてみてください★

コメント(0)

There are no comments yet.