fc2ブログ

梅田駅前・京都駅前・神戸・難波のLEC各本校から、公務員試験に関する様々な情報を発信していきます。

【梅田】アドバイザー質問箱vol.6

2023/03/23
梅田駅前本校からのお知らせ 0
皆さんこんにちは!梅田アドバイザーの中川です☆

先日は3月HRにご参加いただきありがとうございました!
今回は、3月HRの際にzoomでいただいたご質問にアドバイザーが回答させて頂きます!!!!!




・面接の際、「待ち時間長かった?」という質問にどう答えていた?
⇒「いえ、緊張を落ち着けるのにちょうどよかったです」などの答え方をしていました!
「長かった」など不満を出すのではなく、ポジティブに言い換えられるように答えていました!「待ち時間は何をしていたの?」と聞かれることもあるので答えられるようにしておきましょう!

・周りと比較してマイナス思考になって何も手につかなくなる時がある。そんな時、どのように気分転換していたか?
⇒私も面接対策の時に周りと比較してしまって、「自分はなぜ周りの人たちのような取り組みをしてこなかったんだろう」と落ち込むことがありました。そんな時は担任進路相談に行って、先生に悩みを聞いていただきました。「なぜあなたは取り組まなかったのか、その意見は必要だし、取り組みの改善策を考えていくことも大事」という風に言っていただいて気持ちが楽になりました!人に話を聞いてもらって気分転換するのがオススメです!!

・暑い時期の官庁訪問や面接の際、暑さ対策はどのようにしていたか?
⇒一応ジャケットを着ていくことが多かったのですが、ジャケットを脱いでいいと言われたら遠慮なく脱いでいました。後は、なるべく外に出ないようにしていました。どうしても外を移動しないといけないときは日傘をさしていました。

・ずっと志望していた官庁があるが、パンフやイベントなどで他の官庁も魅力に感じてきた。このように意思が揺らいだ経験があればどう乗り越えたか教えてほしい。
⇒意思が揺らぐことは当たり前のことだと思います。じっくりとその揺らぎを向き合うのが個人的にはオススメで、「こっちも良いかも…」の状態だとモチベーションや面接にも影響しかねるので、どこにそれぞれ魅力を感じていて、自分の就活の軸がどれで、どこがデメリットで…というのを考えてみて、納得いくまでその揺らぎと向き合うことをオススメします!一生を左右しかねない決断なので、じっくり向き合いましょう!

・数的、判断が非常に苦手。どのように対策していたか
⇒私も数的と判断は苦手だったので、出来そうな問題だけ解いて6割は取るという目標を立てていました。基本的な問題を解きまくりで回して、解説を見ても分からない問題はネットで他の解説を探すなどしていました!

・電話対応が苦手なのですが、コツはありますか
⇒あらかじめどういった内容のことを聞かれるのかを調べておいて、こういう風に答えようと考えておくと緊張せずに話せると思います。もし予想外のことを聞かれた時は、すぐに答えずに謝りを入れて一旦考える時間をもらうというのも良いと思います!

・4~5月頃の面接対策の時間はどの程度、取っていたか
⇒1週間に3回以上は程度話す時間を取っていました。筆記試験に多く時間を割くようにはしていたものの、ある程度は話しておかないと筆記終了後に間に合わないと思ったことと、慣れが大切だと考えていたので、面接対策は多くするようにしていました!

・3~4月からのSPIの勉強ペース
⇒1週間に2~3回、1時間ほどSPIを解いていました。9割が非言語分野の対策でした。

・SPI試験を受けてみた上で難易度などの感想を聞きたい
⇒時間の制限は厳しいです!私はギリギリ全問回答できるかできないかくらいの時間の厳しさでした。難易度は公務員試験の教養よりだいぶ簡単だと感じました。難問や奇問というよりは慣れておけば解けるような問題が多いと思います!!言語分野の知識がないと解けないような問題は本番分からなくて何問か捨てました、、、

・大阪市の面接の雰囲気
⇒4人面接官がいたのですが、どの面接官も優しかったです。すごく話しやすい雰囲気でした。

・複数の内々定を頂いた際、そこから一つに絞るにあたっての一番の決め手はなに?
⇒私はすべての内々定先を書き出し、それぞれ「給与」「待遇」「雰囲気」「権威」「その他」の項目を〇△×で評価して一覧にしてから決めていました。自分の軸や最も大切にする項目を決めておき、そこから内々定先を俯瞰でみて考えると少しずつ見えてくるかもしれません…。最終的には直感で決めたので、内々定をもらってから直観で考えてみるのも良いと思います!

・どうしても分からない問題の時、何番を選んでいたか?
⇒直感で一番答えに近そうなものを選んでいました!

・経済事情はどのように勉強していましたか?
⇒Kマスターを読み込んで、大体の数値や前年に比べて増加か減少かなどを覚えていました!模試などを参考にして出題傾向を確認した後はひたすらインプットしていました。

・苦手ノートをどのように作っていたか知りたい
⇒苦手(まとめ)ノートの作り方ですが、それらを作る目的は情報の整理や学んだ知識を忘れないようにすることにあると思います。なので、レジュメやテキストに書かれている内容が自分にとって分かりにくい場合は表や図にまとめてみましょう。また、単に暗記することを目的とするのなら、暗記シート(赤字で書いた部分が消えるもの)を使って単語帳のように作成するのがオススメです。とはいえ、苦手ノートは自身が苦手とする分野を分かりやすく整理できればそれで十分なので、作り方の正解はありません。ご自身に合わせたノート作成を研究してみて下さい!

・気持ちが落ち込んだ時、頑張れない時などどのようにメンタルを保っていたか
⇒家族や友達、先生に話を聞いてもらうことでメンタルを保っていました。一か月に一回ほどは勉強から離れて遊びに行くのも大切だと思います♪

・情報収集に手が回らず、手一杯になってしまうときがある。
どのようにスケジュール管理をしていたか
⇒毎日の移動時間や寝る前に情報収集をしていました!スケジュール管理はスマホのカレンダーを利用していました。

・申込み説明会のスケジュールを忘れそうです。どうしたらいいですか?
⇒日程を見たら締め切りをカレンダーに追加する習慣をつけましょう。申込締め切りの前日もカレンダーに追加しておくと忘れないと思います!

・択一の不安が大きく、面接対策の時間を取れず、対策がほぼ進んでいない。
 何月までにどの程度仕上げておくべきか
⇒面接の対策をどれだけしないといけないかはその人や志望先によりけりだと思いますので、まずは一回3月か4月にリア面に行って、リア面の先生に自分はどのくらい面接練習を積むべきか相談してほしいと思います!個人的に、4~5月には志望動機や長所・短所など定番の質問に答えられる程度まで仕上げてほしいと思います。

・教養科目でまだ授業を見ていない教科は今からでも見るべきか
⇒全ての動画を見る必要はないと思います。ただ、動画を見た方が頭に入りやすいと思ったなら見た方がいいと思います!

・教養科目の重要な範囲はどのように選んでいたか
⇒解きまくりの星の数やネットにある情報、先生に直接質問するなどして選んでいました!(^^)!

・特別区を受けるうえで何かやっておけばよかったことなどあれば教えてほしい
⇒やっておけばよかったことは特にありませんが、実際やってよかったことはいくつかあります。
 まず、特別区は1000字以上書かないと足切りになるため、教養記述道場での答練や日頃の練習などで1000字以上書くことを意識するのが大切だと思います。
 次に、解きまくりや担任の先生のレジュメにて特別区で頻出分野とされている単元を入念に復習することも大切です。
 さらに、志望3区を街歩き(調査)することもしました。とはいえ、関西から東京はなかなか行く時間と機会がないと思うので、特別区の筆記試験が終わった次の日に息抜きがてら志望3区の街歩きをやるのが効率的かと思います。

・勉強をしていても頭に全く入ってこないときが定期的にある。
 何か効果的な対策法はあるか?
⇒静かな場所で勉強すると頭に入りやすいと思います!あとは、睡眠不足だと頭に全然入らない感じがしたので最低6時間は睡眠を取ってほしいです(-_-)休憩中に糖分を補給したり体を動かしたりすることも大事だと思います!

・毎日勉強を継続するコツなどあれば教えてほしい。
⇒私は自分の部屋で毎日勉強は絶対無理だと思ったので自習室を使うようにしていました!寝る前に明日やらないといけないことをまとめるとやる気が出たのでto do リストを作成するのもオススメです♪

・大阪府市アドバンスを受講していた人はいたか?
⇒アドバイザーで大阪府市アドバンスを受講していた人はいませんでした。

・最近、担任進路相談の予約が殺到することによりなかなか利用できない状態です。このようなとき、アドバイザーの皆さんはどのように担任の先生とコミュニケーションをとっていましたか?
⇒そうですよね…。とれないときもありますよね。その場合、授業の前後や廊下で先生とお会いした時に随時質問させていただき、先生がお忙しい時はいつ都合がつくのかお尋ねし、事前にアポイントメントをとらせていただいたときもあります。




ここまで質問箱としてお答えしてきましたが、いよいよこのvol6が最後となります。みなさんの不安を少しでも解消できておれば、これ以上嬉しいことはありません...!
そして、梅田アドバイザーが投稿するブログもこれが最後となります。
本当に今までありがとうございました。梅田アドバイザー一同感謝しております。

コメント(0)

There are no comments yet.